« 文書がなければなかったこと | トップページ | マイナスイオン ねぇ~ »

2007年6月24日 (日)

ツチアケビ  ある所は内緒

Img_0001_6 異様に赤い朝焼けを感じて外に出てみた。

午前四時四十分、少しどす黒いくらいの東の空は、冬至のころは日本平から揚っていたのに夏至を過ぎたいま、清水を通り越して、富士山に近い位置にまで寄っている。

朝焼けが電線などに邪魔されない場所にと思ったが、頭上の雲に太陽光が当たらないうちに色あせてしまった。

”朝焼けに川越すな”の例えどおり雨が降り出したのはそれからしばらくしてからのことだった。

Img_0009_5 今日は久し振りに珍しい植物を見かけた、いままでにこの植物は二度しか見ていない。初めて見たときは名前も知らないし「なんじゃこりゃ、、、」状態でありあまりの異様さに蹴飛ばして捨てた記憶がある。

植物の名前は「ツチアケビ」という。

葉も持たずいきなり土からすくっと立っている様は、色とともに不気味である。大きいものは1mを越えるようであるが、これは30センチほどしかない。葉緑素を持たないので、他の植物などに寄生して栄養を吸収しているらしい。

蘭の仲間だというが、蘭という名前がつく植物では一二を争う不気味なものだと思う。もう少しすると赤黒いバナナのような実を付けることから名前がついたようだ。

今度は大事に取っておいて、この先どうなるか見てみたいものだが、以前の私同様なものがいれば、、、、、それで、生えている場所は内緒。

今日の花、左、ツチアケビの傍にあった本家のアケビ、未熟の実だが今年はよく出来そうで、あちこちに見かける。右、名前知らず、カーネーションによく似た葉をしている。花はごく小さい。

Img_0121_3 Img_0107_4

|

« 文書がなければなかったこと | トップページ | マイナスイオン ねぇ~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/15543092

この記事へのトラックバック一覧です: ツチアケビ  ある所は内緒:

« 文書がなければなかったこと | トップページ | マイナスイオン ねぇ~ »