« 熊との遭遇で緊張(大光山1,661m) | トップページ | 真理と自由と正義とは »

2007年6月28日 (木)

円安は増税?

Img_0098_2 朝から薄雲がかかりむし暑い一日となった。こんな中でも夾竹桃が元気に花をつけている。広島では原爆の被害からすばやく立ち直った木として名前を聞いたことがあるくらい丈夫な木である。

Img_0004_5 この木はよく見ると、白い花に比べて赤いのは手が加えられて進化したように見えるが思い違いだろうか。

少し見たいものがあったのと、たまには違った所での散歩を楽しもうかと、市の西側にむかった。 二軒屋の交差点で右折しようとしたら大渋滞、とても自動車の置き場もないほどの混雑振りだった。「そうか今日は大鋸不動さんの縁日だったか、仕方ないなぁ帰ろうか」と引返してきてしまった。

.

いま、ガソリンを初めとした石油製品が値上がりしている。幸い灯油を使う時期でないので自動車さえ動かさなければ影響は僅かだが、税金をはじめ今日来た介護保険料も随分と値上がりした。

腹がたつのはその書き方である。、、下記の年金から特別徴収をすることを通知します。ときた。わずかばかりの年金から差し引かせて頂きますのでお願いします。くらいのことが書けないのか。このアホバカ社会保険庁さんよ!

元に戻る、ガソリンなどの値上がりの原因として需要と供給の関係があることは百も承知であるが、そのほかに異常な円安によるところが大きい。

おまけに、ガソリンや軽油などは値段が高くなれば税金もそれに連動して上がっていく仕組みになっているので、諸外国に比べて随分と高い燃料を使っていることになる。(燃料に付く税金にまた消費税が付くという二重課税も納得できない)

ひょっとしたら、輸出産業の保護政策に便乗して円安になったほうが税収が増えるなんて画策しているのではないだろうか。

あまり、円安に誘導していると、日本の優秀な企業は”禿鷹ファンド”のいい餌食にされてしまい、別の意味で産業が空洞化してしまうだろう。

本日は、経済音痴の八つ当たり的感想になった。

昨日大光山に咲いてた花。左 鳥足升麻(トリアシショウマ)、若芽が鳥の足に似た格好をしているところから付けられた。若芽は食べられる。右 姫蓮華(ヒメレンゲ)蔓万年草によく似ているが葉が違う。暗いところだったのでフラッシュ使用する。

Img_0101_5 Img_0038_1

|

« 熊との遭遇で緊張(大光山1,661m) | トップページ | 真理と自由と正義とは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 熊との遭遇で緊張(大光山1,661m) | トップページ | 真理と自由と正義とは »