« ひきどんは知らん顔 | トップページ | 男と女のあいだには »

2007年6月14日 (木)

金儲けは悪いことですかッ

Img_0007_3 朝からシトシトと典型的な梅雨型空模様にになった。このまま行って欲しいものだが、また、末期の集中豪雨で被害が出ないように早めに心配をしておく。

今年の梅雨入りは新聞テレビを見る限りでは待ち望まれていたようだ。何しろこのままで行くと冬の雪が少なかっただけに、各地の水がめが干上がる恐れがあったから。

傘を持って、雨の小止みを見透かして散歩をしてみたが、田植えが終わったばかりの水面にひろがる輪ッかは風情がある。

Img_0001_3 開きだした、蓮の葉の上に溜まった雨水が少しの風にゆれ、水溜りがバランスを取るかのようにゆっくりと揺れていた。

人海戦術で(古いねェ~、今様に言うならマンパワー)田植えをしていたころは、こんな雨の中、蓑笠つけた人の横列が田んぼの中に見られたことだろう、と思いながら傘を取り出した。

.

いろんな事件が重なって、何がなんだか分からないような状態になっている中で、身近なことで最大のものは、年金問題とコムスンに端を発するする介護問題ではないかと思う。

年金については、もう少し騒ぎが治まってから確認に行ってこようと思うので後にして、今日は介護とは別の意味で、、、、いや一緒かな?

丁度、一年前のことだったが、村上フアンドの村上世彰が逮捕される少し前にテレビの前で「お金儲けってそんなに悪いことですかッ」と言っていたのを憶えている。

その少し前に時代の寵児ともてはやされて堀江貴文(35歳)らライブドアの若き経営陣。村上世彰(46歳)そして、今年になって”ノバ”の折口雅博(46歳)”コムスン”の猿橋望(56歳)と一代で巨万の富を築いた若きカリスマ経営者が次々と馬脚を現してきた。

「お金儲けって そんなに悪いことですかッ」と言われた時には、私自身一瞬戸惑った。自分自身もどれだけか儲けて老後の安泰を願っていた。しかし、知恵も実行力もない私の夢は、いまでは、宝くじにでも当たらなければ叶わななくなり、何か言えば、夢をかなえた人に焼きもちを焼いているように思われるのが嫌だったからである。

そして、今になってみると、彼ら全てが違法な方法(?)でお金を集めていた事が明るみに出た。

彼らを見ると何れも似通っている。バブル崩壊でかなりの人が打ちひしがれ萎縮している中で、大儲けをするのは時代を先取る感覚が必要なのだろうが、どうも、この世代に共通するのは事業を始めるに当たって、儲けるにはどこを突くか。が、出発点になっているように見え、見きわ目を付けると専門であろうがなかろうがお金の力でさらに金を集めるシステムを作り上げることである。

ホリエモン語録の中にも「人の心はお金で買えます、女も付いて来ます」とあるように、お金の執着度が随分強いと見受けた。しかし、介護の仕事などで心を伴わず、ごまかし、儲け主義でやられた日には、ロボットに介護されたほうがよっぽどましになる。

いま、コムスンの事業を譲り受けようと、かなりの数の会社(異業種もあって)が砂糖に集まるアリンコのように名乗りを上げているようだが、そんなに美味しいご馳走なのだろうか?私たちの介護保険料はどこへどんなにして?と考えさせらるこのごろである。

今日の花。左、宮城野萩、萩と言えば秋の花という印象があるが、気の早い種類があって、、、右、山桃が早くも熟れてきた。果実酒にも良いというがちょっと癖があっていまひとつ、、、、今日は、、、、が多く歯切れの悪い日だ。

Img_0006_6 Img_0011_3

|

« ひきどんは知らん顔 | トップページ | 男と女のあいだには »

コメント

慶さん

コムスンばかりでなく、いい加減な介護施設を作っている経営者も多いようですね。
辞めた職員の名をその後も使い続けたり、していないことを請求したりで結局介護料を支払っている我々を食い物にしている輩が、、、結局見抜けない行政も含めて、名前を使われた知り合いの人が市役所に電話したそうですが、なしのつぶてで、いまだに平然と営業しているそうです。

また、ホリエモンの世代にはカッコよく、楽して儲けたい人が多く、油塗れでコツコツとと言う人は少なくなりました。
会社に入って、こんなはずではなかった、といって2~3日で辞める人の多いこと多いこと、、、
時代は変わりました、一連の悪者は氷山の一角で、後釜を目指している人は数限りなくいます。

投稿: オラケタル | 2007年6月15日 (金) 15時49分

難しい問題が山積ですね。慶も一応医療関係なので、この問題は避けて通れません。介護保険制度自身がまだ良くこなれない内に、発足してしまったというところがまず問題で、介護保険の内容も猫の目のように変わり、昨日まで認められていたのが今日はだめと、本当にいきなり、ベットを取り上げなければならなかったり(日が変わると高い料金が掛かるからと夜中に取りに行くようなこともあったそうです)解釈が難しい(大体通達の文章が難解です)ので、変更になるたび現場は大混乱です。だいだい、コムスン発足時からコムスンを認めないでほしいと言うのは業界の中では当たり前の意見だったんですよ。
年金のはもちろん政府にも問題はありますが、各自の自覚も足りなかったことも原因だと思います。特に主婦は他人任せで、自分で出向いて手続きをとらないといけないのにしてないとかね。誰かがやってくれるのが当たり前。お役所に任せておけばいいんだよという、日本人の感覚にも問題があったのではと思います。
まあ、これでホリエモンのような人がかっこいいと思う若者は減ってくれるのではと、唯一の期待が持てることです。

投稿: | 2007年6月15日 (金) 00時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ひきどんは知らん顔 | トップページ | 男と女のあいだには »