« 温暖化?それとも | トップページ | ひもじさが同居 »

2007年7月13日 (金)

こんなに大きくなりました

Img_0027_4 台風4号が荒れ狂っている様子だ。明日明後日にはこちらにも来そうだが、梅雨前線と重なってくるようで怖い。どうかお手柔らかに願いたいものである。

今日の雨は、天気図で見る限りはまだ台風の影響は無いようだが、難しい空模様が終つづいている。空の雲に濃淡があって、黒いところの下では雨が降ると言う具合なので、少しの距離で降っていたりやんでいたり、島状の天気になっている。

そんななか濡れるのを覚悟で出かけてみたが、こんな日に散歩に出かける酔狂な人は少ない。その分鳥たちは安心しきっているのか、道路わきの蓮田にカルガモ親子がいた。

巣立ってから一ヶ月余もたっているのだろうか、母親とほとんど変わらない大きさになっていた。そうした中で母親だけが私を警戒して、こちらの様子をうかがっているようだが、見ようによっては「こんなに大きくなりました見てやってください」と行っているようにも見える。

若鳥たちは水面に生えた浮き草を食べるのに余念がなくまわりの警戒は母鳥任せにして、こちらに近づいてくるものさえある。

これらが、”自分の身は自分で守る”ようになれば親離れするのだろうか、それとも、親に放り出され身につけて者だけが生き残れるのだろうか。

見ていて、これは、人間で言えば高校生ぐらいの生意気盛りに当たるのだろうか、生まれて一ヶ月くらいで高校生とは早いものだな、などと小雨降る中傘もささずにしゃがみこんで見ていた。

.

今日の花。待宵草。竹久夢二が”宵待ち草”と歌ったり、太宰治が月見草と呼ぶなど間違った名前で呼ばれる花。左、待宵草(マツヨイグサ)夕方から咲いて翌朝しぼむ、花の径3センチほどで大待宵草により小さめ、右、小待宵草。他の仲間と違って茎を立たせず地面を這う。名前の通り花が小さい。花言葉のひとつに「浴後の美人」というのがあるが、そんなに艶かしく見えるのか。

Img_0021_9 Img_0016_5

|

« 温暖化?それとも | トップページ | ひもじさが同居 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/15744315

この記事へのトラックバック一覧です: こんなに大きくなりました:

« 温暖化?それとも | トップページ | ひもじさが同居 »