« まだ終わってなかった夏休み | トップページ | 身体調査 »

2007年8月26日 (日)

夏肥りを心配しながら

Img_0010 昨日今日と長野から秋の便りが届いている。

わたしは、水密桃の柔らかくて果汁が滴るものより、固くて歯ざわりのあるものの方が好きなので、それを知っている友人がこの時期になると見つくろって発送してくれる。また、義弟の知り合いの農家からもプルーンを送ってもらい、あちこちに配っているがかなりの量なので消化しきれず、かなりのペースで食べなければならない。

じつは、この時期に取れるプルーンは少し大ぶりで味というか糖度が少し少ないため送ってもらったが、もう10日ほど後に取れるプルーンのときには、長野まで採りに来てくれといわれ、毎年行っている。

このほかに葡萄もあり、いまからの我が家は秋の果物だらけになる。

,

先日聞いた話であるが、以前は夏になると暑さまけをして食欲がなくなり、痩せるのが通常だったが、最近は暑いと家に閉じこもってクーラーをかけ外出をしなくなる、そうするとすることがなくなりゴロゴロの合間にポテトチップなどを口にするため、我々のような環境のものは、夏に激肥り。肥ればさらに動きたくなくなり、メタボリックシンドロームは深みに嵌っていく

「風が吹けば桶屋が儲かる」という格言?よりもよほど説得力のある言い方だと思った。

わたしも、気にはしているが朝方でも一時間ほど歩き回ってくれば、それこそ全身 服からズボンまで汗だくの濡れねずみ状態になり、小原庄助さん並みに朝シャワーを欠かせなくなり、それが嫌で歩く距離も減少する。

果物好きにとって、目の前の桃やプルーンは目の毒であるが、食べなければこれまた”モッタイナイ”まさに、ハムレットの心境になる。

,

今日の花。左、白山フウロ  右、紫ニガナ、いずれも竜爪山で

Img_0041 Img_0079

|

« まだ終わってなかった夏休み | トップページ | 身体調査 »

コメント

ナベショー様

無花果も上手いですね。我が家では裏の無花果農家が市場に出せないもの、といって持ってきてくれるのですが熟しきってポタポタのは、一度に五個ぐらいいってしまいます。
そのときは、カロリーなどなんのその、、、、

投稿: オラケタル | 2007年8月27日 (月) 21時03分

我が家は、大きな無花果が毎日3~5個ずつ収穫、、
やはり、美味しいから食べてしまう、、、ついついカロリー過多!

投稿: ナベショー | 2007年8月27日 (月) 09時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« まだ終わってなかった夏休み | トップページ | 身体調査 »