« わしはサプリメントか | トップページ | 臭いのも許せる »

2007年8月29日 (水)

鶏頭?鶏口?

Img_0050 午後になって一雨来た途端気温がズンと下がった。

いままでもテレビなどで「打ち水をして気温を下げよう」などと言っていたし、暑いさなかに井戸水を撒いていたが一向に効き目があったようには感じていなかった。それが、たいした降りでもないのに一気に下がるとは、、、、、

七十二候によると今日は「天地はじめて涼し」だという。まことに時宜を得た言葉と思う。

秋の花、鶏頭が咲き出した。真っ赤な先端は怒った鶏のとさかそのまま。どこかに突進しそうだ。

先日「鶏頭となるも牛後となるなかれ」と書かれた文章を見て「ふんふん」と通過しそうになったが「はて?」とつまづいた。なんだか口当たりが悪い。考えてみたら「鶏口となるも、、、、」の間違いだ。

しかし、良く考えてみればどっちだってそんなに変わりはしないのではないかって気もするんだがどんなもんだだろう。どうして、頭が偉くて尻がへぼいのかなども含めると、口も頭の違いなど、、、、、

この言葉、中国の戦国時代というから、今から2,200年以上もも前に蘇秦という弁舌の徒が、強国 秦と対向させるため他の六ヶ国の国王に説いた説である。

この言葉、王様側から言わせれば、いままで通り自由気ままな暮らしが出来そうな幻想は心地よく響くには違いないが、国民から見ればそんなことどっちだっていいこと、暮らしがしやすくなれば、、、、

今風に言えば、企業のTOBを受け入れるかどうかの時に使える言葉であると思う。一所懸命に育てた所でマネーゲームよろしく乗り込む真似をして荒稼ぎしていくハゲタカファンドや、業界の順位を上げるために大手同士の合併に巻き込まれる社員。

最近は鶏の尻尾のつもりが、いつの間にか牛の胴体の辺になったり、牛の尻尾のつもりが糞とともに地面落ちていたりして、就職の時に予想していた暮らしはは何時どう変わるか分からなくなければ、企業への忠誠心なんて、、、となっても仕様がないだろう。

,

今日の花。左、オニハス  右、ホテイアオイ  何れも麻機遊水地で

Img_0061 Img_0047

|

« わしはサプリメントか | トップページ | 臭いのも許せる »

コメント

慶さん

遅くなってごめんなさい。返事を投稿したはずなんだけど何かの間違いで、、、、、言い訳はこの辺で勘弁願います。

鶏頭の花が夏なのか、秋なのかは、その人の感性で夏の印象が強ければ夏の花で良いのではないかと思います。
ただ、与謝蕪村が蕪村らしからぬ句のひとつにこんなのがあります。”秋風の 吹き残してや 鶏頭花”

また、日本の会社も様変わりし社員のことより、役員の保身の場になると一生その会社に尽くす人は馬鹿を見るんでしょうね。

投稿: オラケタル | 2007年9月 2日 (日) 22時03分

ほんとうに急に「秋」めいてしまいました。虫の音も綺麗!
鶏頭は秋の花だったんですね。勘違いしていました。燃えるような赤が印象的なので、てっきり夏かと思っていました。
 企業の合併、統合は本当にわけがわからないところとくっついたりしますね。銀行の名前も何がなんだか。スーパーの名前も??です。新入社員になった息子の同級生も最近は内定が(内々定というんだそうですが)前年の4月に出るので、就職する時に全く職種が違っていたという人も何人か。週末が休みのはずが年中無休とかね。
 以前のように一生同じ会社なんてもう、ないんでしょうね。

投稿: | 2007年8月31日 (金) 12時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/16278788

この記事へのトラックバック一覧です: 鶏頭?鶏口?:

« わしはサプリメントか | トップページ | 臭いのも許せる »