« ちらちらと | トップページ | 雨の櫛形山(2,052m) »

2007年9月 4日 (火)

記念写真はこれ一枚

Photo_2 相変わらずむし暑い中にも時のうつろいは確実に進んでいて、麻機沼の周りでは蝶トンボも姿をめっきり減らし、かわってアカネ系のトンボが遊弋している。Img_0049_2

昆虫も、「ギースチョンッ」と鳴くキリギリスから「コロコロコロ」と連続してなくコオロギに変わっている。季節の舞台は主役を次から次へと用意して登場させて行く。

土手を歩いていたら、下のほうを青い塊が一直線に飛び去った。「カワセミだ!何処へ行くのか」と行方を確かめ、留まった辺りの見当を付けて道の端っこを忍び足で近寄る。

すでに、一回小魚を捉まえたあと、気づかれないように近寄ったつもりだが、見破られていたらしく記念写真は1枚だけ、、、、、

安倍さん可哀そう

「安倍さん可哀そう。あんなにボコボコにされて、、、」まだこんなことを言う女性がいた。「あの人何にもしてないのにね」と、、、

そこで、安倍さんという人は、昭和17年翼賛選挙で政治と言う店を開いた「岸信介商店」以来65年続く老舗の3代目坊ちゃんであり、庶民の苦しい生活を知らない人であり、先の「お友達内閣」もそんな人を主体とした内閣だった。と説明し、それが批判された。と説明した。

男と女、全てがそうだとは言わないが、価値観やものの見る角度が違うようだが、現象だけ見て判断する。これも母性本能のなせる業だろうか。

そう思っていたら、今朝のテレビで「一度落ちた女性の支持票は戻らないので、内閣支持率は上がらないだろう。」女は後を振り返らない、「よりを戻してくれと」頼むのは男ばかりだという人がいた。

どっちもそんな気がする。結局女の人は何時までたっても男には分からない。

.

今日の蝶。紋キチョウと大和シジミの結婚式。Img_0058           

Img_0025

|

« ちらちらと | トップページ | 雨の櫛形山(2,052m) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/16341125

この記事へのトラックバック一覧です: 記念写真はこれ一枚:

« ちらちらと | トップページ | 雨の櫛形山(2,052m) »