« 覇気がなくなる | トップページ | ひりりと辛い »

2007年9月30日 (日)

立場で違う

Img_0006 今日も終日雨降りで、家の中に閉じ込められてしまった。

退屈しのぎに、スーパーにいってみたが、ほとんどが一足早く衣替えをしていて、素足にサンダル、半そで短パンは少し違和感があるようでチラチラッとした視線を感じた。

午後も退屈しのぎに、雨よけの下から手の届く範囲で草むしりをしていたが、野山にあればサギゴケも野草として写真に撮るが、家の周りに同じものが生えると雑草でしかない。

徹底的に除去するが、根が残っているのか雑草の本領を発揮して何時の間にやら元の黙阿弥となる。

よく私のブログに訪問してくれる慶さんの、「故郷に行く」を見ていたら、田舎の叔父さんに蝶の写真を見せると、「大変だ、虫がわく!ばあさん 薬をまかな!」と言われたそうだ。

私たちがアゲハや飛蝗を見て写真にするが、蜜柑畑や田んぼを持っている人にしてみれば葉っぱを食い荒らす害虫でしかないのだ。

そうなると、今年幾つかの黄アゲハを羽化させ飛ばせた私は害虫を手助けした人として糾弾されかねないのだ。同じものを見ても立場が違えば感じ方が全然違ってくる。

そして、近頃の田んぼを見ていて気づいたのは、イナゴがちっともいないことである。昔からイナゴをあまり食べない地方に住んでいたので、秋になるとあぜ道を歩くだけで右往左往するイナゴが五月蝿かったが、イナゴも蝿同様に姿を消してか虫食いの稲はごく少ない。

自然に減ったわけではない。イナゴも蝿は人にとって害虫である、でもこれらが住めないのは、、、、、いるとイヤなのだが、、、

|

« 覇気がなくなる | トップページ | ひりりと辛い »

コメント

慶さん

丁度ヒントになる文書があって、無断で盗作しました。ご勘弁の程を

”立場の違い”世の中、全てが同じ見方.考え方をするのではない。と分かっていても夢中になると相手を思いやる、立場を考えてやるなどということは念頭になく、一方的な見方で憤慨し、それだけで相手を全否定したことが何度かあります。
後になって苦い思い出。こんな立場の違いもありました。

投稿: オラケタル | 2007年10月 1日 (月) 16時48分

本当に立場によって、感じ方は違いますよね。慶は以前、道端に生えていた花を採っておばあちゃんに見せたら、血相を変えておばあちゃんが飛び出し、「どこにはえとった?はよ、ぬいとかんとその草は抜くにぬけん草よ!」といわれたことがあります。きっと蝶は叩き落したいものでしょうね。蝗は…怖い!一度空を被っているのを見たことがあって、羽音とか不気味よ~。

投稿: | 2007年10月 1日 (月) 16時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/16622111

この記事へのトラックバック一覧です: 立場で違う:

« 覇気がなくなる | トップページ | ひりりと辛い »