« 幽玄の揚羽蝶 | トップページ | 記念写真はこれ一枚 »

2007年9月 3日 (月)

ちらちらと

Img_0098 裏の川に小鷺とカルガモの混成部隊が来ていた。

たぶん水草を食べる鴨に驚いて小さな生き物が飛び出してくるのを狙ってのこと思う。用心深い小鷺はこちらを気にしてちらちらと視線を送り、遠ざかりたい雰囲気があからさまに見て取れる。

それに比べて最近人に苛められないせいか、家鴨並みになった軽鴨がガアガァと声高に騒ぎながら餌を啄ばんでいる。

.孫のお迎えさん

今日、孫の小学校で防災訓練があり、非常時には帰られない公務員の両親にかわっていつものようにじいじがお迎えに行く。

予定の時間少し前に校庭に入ると、訓練を終えた児童が集まって座っているが、お迎えが気になるらしく、どの子もちらちらと後を交互に振り返っては探している様子、そして、お迎えさんを確認するとホッとした様子で隣の子と何かささやき合っている。

やはり早めにお迎えさんが来てくれるのは嬉しいのだろうな。

しかし、こういう訓練は確かに重要だと思うが、やはり訓練は訓練。いざというとき共働きでお迎えさんが難しい家庭ではどうするんだろうとか、私たちにしてもその時はたして無事なのか、歩いてたどり着くのにどれだけかかるか。やはり、お互いの「ご近所の底力」に切り替えるしかないと思うのだが、、、。

また交替

「あらら、またかいね。今度は一週間しか持たなかったョ」今日の報道を見て思った。この調子では自民党に大臣を務まる人はいなくなるね。今度の大臣は辞めるのに際して記者会見で「大臣とは厳正中立で、、、、」とのたまった。悪いことをしたから辞めるのでなく、内閣に迷惑をかけるので、という考えがありありとしていた。

さらに、玉沢農相が帳簿を誤魔化していたとして自民党を実質追放になったが、同様な理由だろう、、、、そして これら人ばかりではないのだろう。これだけ農政通といわれる人が連続して不祥事が発覚するようでは、もう何を言ってもしょうがないね。

,

今日の花。黄コスモスの酒場に集まる揚羽蝶と褄黒豹紋蝶

Img_0020 Img_0022

|

« 幽玄の揚羽蝶 | トップページ | 記念写真はこれ一枚 »

コメント

慶さん

誰が考えたかこのお迎えさん方式は一考を要する話だと思います。

私が迎えに行った孫たちも、じいじが迎えに来られない時は家で姉孫とじっとしているというので、それでは、想定外の規模(住宅会社は大丈夫という)で家が潰れたらどうする。地震の後火事になったらどうする。と親に言っておきました。
やはり、地域で誰かれなく保護する体制が必要なのではないでしょうか。
わたしも、自分が無事ならどれだけでもそれをしたいと思っています。それが、義務だと思うのですが。

投稿: オラケタル | 2007年9月 4日 (火) 06時00分

そうそう、慶の実家も共働きで、だれが迎えに行くのか喧嘩になってしまったそうです。バアバは自分は自身が迎えに来てほしいぐらいなのにと言い、義妹はじゃあ家の子はだれも迎えが来てくれないから、待機にするのか!と夕べおおもめしたそうな。はあ~。しかし、3人の子をばあばがは確かに無理だし。どうするんだろう。
 蝶の写真が綺麗に撮れていますね。蜜を吸っているのがシャープに撮れていますね。いつもながらすばらしいです。

投稿: | 2007年9月 3日 (月) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/16330513

この記事へのトラックバック一覧です: ちらちらと:

« 幽玄の揚羽蝶 | トップページ | 記念写真はこれ一枚 »