« アリエナ~イ | トップページ | ちらちらと »

2007年9月 2日 (日)

幽玄の揚羽蝶

Img_0012 曇り空の一日。なんという当てもない一日となったので、静岡城北公園まで行ってみる事にした。

グラウンドでは、少年サッカーをしているものの、後はひと気も少なくひっそりとしていた。

この公園の一角にメタセコイアの森がある。目通り30cm高さは10mくらいか。良く似た種類にセコイアと言うのがアメリカにあるのを写真で見たことがあるがそれはとてつもなく大きい木になるので、この木もどれ程の物になるのか楽しみだ。

むかし、メタセコイアは生きている化石のひとつだと聞いたかとがあるが、冬になると葉を落として明るくなる散策路も今は暗く風がない。その中をナガサキアゲハが一羽(頭)ひらひらと飛び回っている。勿論音もなく、幽玄の世界に遊ぶかのように、、、、、。

昔の人は、揚羽蝶のような大きな蝶は人の魂が宿っている言う風に考えたと言うが、暗い森を黒い蝶が舞っている様はそんなことを想像させる。

Img_0110 そんな蝶に引き寄せられるようにして、ついて行ってようやく写したのが左の写真。咲き遅れたムクゲの花にまとわりつき花蜜を吸っていたが、この蝶もかなりくたびれているようで羽根の先端がかなり傷んでいた。

そのため、飛び方が不安定にゆらゆらとしていたのだろう。ひょっとしたら”千の風に乗って”遠い所から飛んできたのだろうか。

.

今日で、大阪の世界陸上は終わった。若いときから不器用なほうで運動と言えば走ることと力任せの格闘技(柔道、相撲など)は出来たが球技はまったく駄目だった。

そんな関係で、陸上競技はよく見るほうだが、今回の陸上競技ほどつまらない放送はなかった。前にも書いたように放送関係者だけで盛り上がっていた。彼らが盛り上がって大きな声を出すほど面白くなくなっていった。

そして、日本の成績もかなり予想を下回ったのではないだろうか、それにしてもトラック競技は、肌の色が暗褐色でないと駄目なのかと思うほどアフリカ系の独壇場であった。

.

今日の花。左、洋種山牛蒡、実も色づいてきた、うっかりつぶすと赤い色に染まってしまい、落とすに苦労する。 右、蒲の穂、蒲鉾の蒲より竹輪のほうに似ているが昔は魚のすり身を棒に巻き付けたのだろうな。

Img_0039 Img_0018

|

« アリエナ~イ | トップページ | ちらちらと »

コメント

ナベショーさま

まったくです。オリンピック並みの選手があつまるのに、騒ぐだけの放送。我慢しては見るんだけどすぐチャンネルを変える。

地球温暖化で、ナガサキアゲハが北上中とは、前から聞いていたのですがときどき見るようになりました。

投稿: オラケタル | 2007年9月 3日 (月) 05時55分

ほんとにつまらなかったですね。
ほとんど見なかった!
競歩で誘導間違えたなんて、なんとお粗末なこと、、
有力な外国選手だったらえらいこと!
ナガサキアゲハ、、、静岡にもいるんですか!

投稿: ナベショー | 2007年9月 2日 (日) 23時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/16319163

この記事へのトラックバック一覧です: 幽玄の揚羽蝶:

» 世界最大の生物 [天日干し]
世界一大きな生物は [続きを読む]

受信: 2007年9月 6日 (木) 22時37分

« アリエナ~イ | トップページ | ちらちらと »