« 予想外だった | トップページ | 小母さんの団体は »

2007年10月27日 (土)

雨 あめ

Img_0034 台風に伴う雨が終日降っている。(南天の実に付いた雫。ひとつひとつにミニワールドが)

昨日も今日も雨に閉じ込められているのも嫌になって傘を差しての散歩道、幾つかの雨だれの写真を写してきた。知らない人が見ればきっと不審者に見えたかもしれない。

そういえば、雨はよほど演歌にしやすい題材らしく、雨の歌で検索したら百曲ぐらいはあるようでとても数え切れなかった。

日本は四季それぞれに降る雨が違い。日本人の気性とも合って、というより気象が日本人を作ってきたのだろう。

とにかく、ウエットな歌が多い。失恋すると必ずと言って良いくらい雨が絡んでくる。あまり世界の気象に詳しくは無いが、ヨーロッパや南米など大陸性気候は「夜が明けたら雨季だった」なんてのが多く一夜にして季節が変わる。

有りがたい?ことに、日本には四季というものがあり、行きつ戻りつを繰り返しながら徐々に春夏秋冬と変わっていきそれぞれに彩りを味合わせてくれる

.

Img_0032 今日の新聞によると、安倍奥の盟主「山伏岳(ヤンブシ)」で立ち木をかなり傷つけているらしい。それも長年にわたってのことだと書いてあった。自分もこの山には何度も登っていながら気が付かなかったのだが、どんな人がやったのだろうか。(写真、今年3月のヤンブシ頂上から)

切った木でベンチまで作っていたというから、本人たちは良いことをしたという気にさえなっていたのではなかろうか。

最近は、山での塵も少なく、立ち木に名前を彫る人もいないのでマナーがよくなってきたのかと思っていたのだが、公私の区別がつかない人は何処にでもいるものだ、、、、関係者は嘆き、警察は器物損壊で調べると言う。

しかし、ほかの山に行って見ると富士山方向だけ切りあけていたり、頂上に不似合いな芝生を植えていたりする山も多い。これは市役所や観光関係者の一部の人の見解で良かれとしているらしいのだが、このへんをどう解釈したらよいのだろうか。

.

今日の雨。左、カンナ、花季の長い花でいまだに咲いている。右、山茶花、、、の宿はもう少し冷たい雨が似合う。

Img_0035 Img_0029

|

« 予想外だった | トップページ | 小母さんの団体は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/16889352

この記事へのトラックバック一覧です: 雨 あめ:

« 予想外だった | トップページ | 小母さんの団体は »