« ひりりと辛い | トップページ | 野菊は嫁菜? »

2007年10月 2日 (火)

水葵も咲いて

Img_0002 曇ったままの空ながら雨の気配もないので、散歩する距離を少し延ばして麻機北の方まで延ばしてみた。

蓮田の中では、枯れた蓮の茎の中に水葵(ミズアオイ)点々と澄んだ花を咲かせている。麻機沼の中の生命力旺盛な布袋葵(ホテイアオイ)に比べるといかにも楚々としている。

1年生の植物なので、蓮田を掘り起こす前に実をつけなければならないが、育つ場所が年年少なくなって絶滅危惧種に指定されているそうだ。美人薄命の感をいよいよ強くする。花言葉は、「雲隠れ」だというが、いずれ絶滅して雲隠れするかもしれない。

子供病院の裏側あたりでは、モズの高鳴きを聞き、保育園の運動会の歓声とスピーカーから流れる音を聞けば秋も真っ盛りといった感じ。

.

今日の花。左、桜蓼、蓼の中で一番綺麗だと評判をとるが何せ小さい。右、なんの花かな~?、マメ科の植物のようだが背丈は3mくらいの葉が落ちない木に咲いていた。Img_0004 Img_0015

|

« ひりりと辛い | トップページ | 野菊は嫁菜? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/16639589

この記事へのトラックバック一覧です: 水葵も咲いて:

« ひりりと辛い | トップページ | 野菊は嫁菜? »