« 静かなひととき | トップページ | 鉄塔を見上げて »

2007年10月12日 (金)

帯祭り

Img_0017_2  今日から始まった島田の”帯祭り”を見に行ってきた。

家から一時間ほどで大井川河川敷にある駐車場に入り、そこからバスで市役所近くまで運んでもらう。

午前11時すぎ、すでに街中は三年に一度の大祭で盛り上がっている。

Img_0026 一番メインの大奴を見んものと探して歩くうちに、屋台の上踊りに見とれて、行列に追いついたときには、大奴の演技は午前の部が終わっていた。(大奴も普通のおじさんに戻って食事に帰る)

Img_0037 そのかわり、大鳥毛といわれる30kgあるといわれる纏を振り回して受け渡す演技をじっくりと見させてもらった。

帯祭りは、連続してではないがこれで四度目になる。これまでは大奴を中心に見てきたのだが、今回見ることを妨げたのは前にも書いた屋台の上踊り。

よく、「子役に食われる」というが、長唄に合わせて、踊る子どもの可愛らしさに見とれてしまったことにある。

二つしか見ていないので軽々に決められるものではないが、今回見た鏡獅子の女の子、7歳と脇に書いてあったが、踊る仕草を含めてまるで人形のような美しさであった。

いままで、人形を見て、「子どもの理想像で実際にこんな子供はいない」と思っていたが、訂正しなければならない。

もう一人は、8歳の女の子でやはり綺麗だったが、演目が大人びた踊りだったので、私としてはあまり、、、、。しかし、ここまでの練習は大変なものがあったに違いないと思う。

午前中は、天気も良く暑さまけをしそうだったので、お昼過ぎに自動車に戻り、川根の温泉で息抜きをして帰ってきた。

|

« 静かなひととき | トップページ | 鉄塔を見上げて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/16740560

この記事へのトラックバック一覧です: 帯祭り:

« 静かなひととき | トップページ | 鉄塔を見上げて »