« 悲しい過去持つ”いやしの里” | トップページ | 精気を吸って酔う »

2007年11月16日 (金)

老兵は死なず

Img_0128 冬の訪れを告げる鳥のひとつにジョウビタキがいる。

茶色の上下に白い紋の入った黒い袖、銀髪の頭としゃれた格好で「ヒッ ヒッ」と甲高いが単調な声で縄張りを宣言している。

この鳴き声が名前の由来か。

闘争心は旺盛で、鏡に映った自分にまで攻撃をかけるのに、案外他のものには無頓着なのか、人や猫がいても傍まで来ることがある。

.

Img_0140 今日は久し振りに、城北公園に行ってみた。どこかの近所の小学校が野外授業らしく、メモ帳を持ったグループで木の名前などを写し取っては走り回っていた。

また、最近駿府公園から移住してきたD51(デゴイチ)の手入れに元国鉄の職員らしき制服を着た年配の人が手入れし磨きをかけていた。

「老兵は死なず、ただ消え去るのみ、、」というマッカーサーの言葉を思い出した。

彼がこの言葉を口にしたときは、かなりの失望感を味わっていたと思われるが、元国鉄の職員にはそんな気配は感じられなかった。

.

今日の花。左、実蔓、花が目立たない割りに実がつやつやとして輝いている所から付けられた名前。別名美男蔓はねばねばした果汁を髪につけたことから。なにかの薬になるというので焼酎に付けてみたが、そのままになっている。右、千両、めでたい実ということで正月飾りに、、、、

Img_0042 Img_0064

|

« 悲しい過去持つ”いやしの里” | トップページ | 精気を吸って酔う »

コメント

慶さん

ジョウビタキは雀くらいの大きさでよく身近に見かける鳥なんですよ。ただ冬にならないと日本に渡ってこないのと、群れることが無いので気づきにくいのだとおもいます。

公園のD51はそんな昔からあったのですか?知りませんでした。そうすると磨いていた人たちは現役のころを懐かしんで、半分は撫で回していたのでしょうね。

パソコンの調子はまだ回復しませんか、きっと、ウズウズしているんでしょうね。

投稿: オラケタル | 2007年11月17日 (土) 06時11分

ジョウビタキ初めて見ました。鮮やかな色彩で色使いがなかなかセンスがありますね。千両がもう、こんなに色づきましたか。家の千両は今年は何もなりそうもありません。なる前に実が落ちてしまいました。沢山なった昨年は鳥の餌になってしまいましたが。万両は少し色づきました。このD51(デゴイチ)はとても懐かしいです。まだ清水に住んでいた小学生の頃に駿府公園に遠足に来て初めて汽車に触ったり、中に入ったりした思い出の汽車です。児童館の列車の模型が動くのを見るのも好きでした。児童館は子どもたちも好きで、よく行きました。

投稿: | 2007年11月16日 (金) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/17090482

この記事へのトラックバック一覧です: 老兵は死なず:

« 悲しい過去持つ”いやしの里” | トップページ | 精気を吸って酔う »