« 山中何所有 | トップページ | おおつごもり »

2007年12月30日 (日)

枯葉が舞い散るように

Img_0100 頭上は晴れ上がって日の光が降りそそいでいるものの西風が強い。

北のほうに雪雲らしきものがあって時おり風花崩れらしい水滴が落ちてくる。

近所の田んぼに行くと、風に吹かれた落ち葉が舞い散るような気配がした。見れば雀の群れ。

30センチほどに伸びて枯れた二番穂の下でせっせと餌をついばんでいる様子、人や車の気配がするとそのうちどれだけかが舞い上がり、強い風に吹かれてフラフラとした飛び方で風下に飛び散るが、すぐに戻ってくる。

よほど、美味い餌があるのか餓えているのか、かなりの数の群れであった。

.

今日は餅つき。もち米を持ってきてくれる農家が、28日は何とかで日が悪く、29日もつく日ではない。今年は30日しかないので前日でないと持って行かない、「あんたんちはまめっぽいから早くやると搗いてしまうで、、、」という。只で貰っている手前仕方ない。

餅つきといったって昔みたいに杵でつくわけでなく、電動の餅つき機で造り、伸ばしたり、鏡餅を丸めたりだけのことだが、やはり、孫がいると以内とでは違う。

今年は孫たちも来ない。したがってとげとげしい雰囲気での餅つくり。

それでも、お鏡を三軒分と頼まれ物を含めると結構な量になった。杵を振るってやるのは情緒があるかもしれないが、「年寄りの冷や水」後が大変だよ。

|

« 山中何所有 | トップページ | おおつごもり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/17523023

この記事へのトラックバック一覧です: 枯葉が舞い散るように:

« 山中何所有 | トップページ | おおつごもり »