« 酒が飲める さけがのめる | トップページ | 動かざること山の如し »

2008年1月 3日 (木)

男の子三人寄ったら

Img_0149_2 モーニング娘ならぬ”かしまし娘”のテーマソングに「女三人寄ったら 姦しいとは愉快だね」っていうのがあったが、男の子三人寄ったら、もう、これは大変。

家は揺れるし、騒がしい。昨晩集まった男の孫、高1 中2 小3 ドッタンバッタンと喧しいことこの上もなし。おまけに御飯は五合炊いたのをいっぺんに食べ追い炊きしなければならないほど食べる。

今朝ほど、一番上が郵便局のアルバイトに行く時間まで騒々しかったが、潮が引くように静かになった。おかげで爺婆四人は由比のさった峠に行って見ようということになった。

早速支度して、興津側から自動車で登り、峠の駐車場に入れた後、旧東海道といわれる道を展望台に向かった。此処に10人ほどの人がカメラを構えて、すっきりとした青空の下陰りの無い富士にレンズを向けている。

ここに少しいて、もう少しすると早咲きの桜が咲く峠に向かった。此処ではほとんど人もいなくてのんびりと富士を眺めていたら、集団ハイキングの人、60人程もあがってくると言うので接触を避けるため、もと来た道に戻った。

駐車場から、倉沢にくだり江戸時代の名主の家、旧小池邸に来てみたが、正月休みのようで戸がしまったまま、仕方ないので由比本陣跡の”東海道安藤広重美術館”を一巡りし、桜海老の悪口を言いながらも折角来たのだからと、食べもの屋に入って、天ぷらそばを頼んだが、桜海老の掻き揚げは油がきつすぎてやはり美味くないことを確認した。

Img_0153 ついで、富士岩本山公園を散策し富士宮浅間神社を回り帰って来たが、風も無く穏やかな日和に恵まれ楽しい一日を過ごしてきた。

|

« 酒が飲める さけがのめる | トップページ | 動かざること山の如し »

コメント

おめでとうございます。
何度でも言い合いましょう。
慶さんの家も大変でしたようで、でも、人が寄ってくれる家は幸せだと言いますから、、、、、
大変でしょうけれど、なにかの時には戻ってくる(励ましなど目に見えないものを含めて)貯金に似たものと思っています。
近所にいながらまだ見たこともない慶さんへ

今年もブログ上だけになりそうですが、どうぞよろしくおねがいいたします

投稿: オラケタル | 2008年1月 4日 (金) 16時12分

改めまして、あけましておめでとうございます。昨年中は折に触れ暖かい励ましのお言葉やアドバイスをいただきありがとうございました。お陰様で元気になりました。
 男3人!しかも食べ盛りは大変ですね~。家は男2人女3人、プラス従兄弟の子どもが男2人女3人とそして慶の弟のところが男1人女2人と子どもたちが小さい頃は保育園状態でしたが、今は合宿状態です。まあ、子どもが増えるというのはありがたいことですが、耳栓やマイクが欲しい!なんてこともありますね。
 薩田峠は綺麗でしたでしょうね。広重の時代とかわらず太平洋にいだかれた富士は雄大ですね。(高速道路は見ないことにして。)
 本年もよろしくお願いします。

投稿: | 2008年1月 4日 (金) 14時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/17567645

この記事へのトラックバック一覧です: 男の子三人寄ったら:

« 酒が飲める さけがのめる | トップページ | 動かざること山の如し »