« 春告げ花 わさび | トップページ | 御馳走できるか富士山を »

2008年2月20日 (水)

戦意喪失

Img_0199 ポカポカの陽気で家の寒暖計は日蔭にもかかわらず午後には15度まで上がっている。

その陽気に誘われて、杉が花粉を飛ばしているらしく街行く人の口元が白いマスクでおおわれ、美人とそれなりの人との区別もつかない。

久し振りに街中に行ってきた。新聞にデパートの催事広告が付いていたので、これなんかが欲しいと思ったのがきっかけ、考えてみれば今年はじめてのバスであり、この辺りにきたのは何ヶ月ぶりなのか定かではない。

普段は駿府公園までトレーナーで散歩に行くのだが、今日は少し伊達こいて出かけてみた。行ってみると会場は開店草々の時間なのに人いきれがするほどの人がいて、レジの周りも行列が出来ている。

こういう雰囲気に弱い私は、いっぺんに戦意消失。とても、あのおばさんたちを掻き分けて品定めをする気にはなれない。

あきらめて、駅のほうに行って見れば、これまた工事中で殺風景なこと極まりない上、駅ビルも改装中とのことでシャッターが下りている。

まさに、三日見ぬ間のなんとやら、、、そして、いつもの寿司屋に顔を出し昼食だけで帰ってきた。

.

Img_0020 昨日からテレビは自衛隊のイージス艦が漁船を沈めた話で賑っている。事情はどうあったのかこれから徐々に分かってくると思うが、最新鋭の機器をそろえたはずの軍艦が、漁船を直前まで気が付かず見つけたときには手遅れだった、とはどうしたことだろう。

もしこの漁船が、魚雷などを積んでいた船だったとすると沈没していたかもしれないのだが、イージス艦というものはこの程度の船だったのだろうか、、

第二次大戦末期、日本軍は資材がなくなって、木製のモーターボートに爆薬を積んで体当たり特攻を行なったと聞く、とすると、この程度の船に爆薬を積んで狙わせるというヒントを与えた事になるのだろうか。

以前にも、潜水艦が釣り船を沈めたことがあるが、この教訓は風化していたことが残念である。

|

« 春告げ花 わさび | トップページ | 御馳走できるか富士山を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/40194778

この記事へのトラックバック一覧です: 戦意喪失:

« 春告げ花 わさび | トップページ | 御馳走できるか富士山を »