« 催花雨というには、、 | トップページ | 春のお裾分け »

2008年3月15日 (土)

菜花 蝶と化す

Img_0017 今朝の報道によると昨日の雨は遠州の方でかなり荒れたらしく、何軒も風による被害にあったようだ。

一夜明ければ台風一過のような状態で空はすっきりと晴れ上がり「暑いですね」というのが、散歩ですれ違った人の挨拶で一番多い言葉だった。

七十二候によると今日は「菜花 蝶と化す」とあり、それに合う写真がとれないかと菜の花が多いところを選んで、蝶を探してみた。

Img_0008 居るにはいる。紋白蝶を中心に紋黄蝶、豹紋蝶、ヤマトシジミ、そして、蜜蜂とその仲間が出ているが、蜜蜂などに比べて紋白蝶の落ち着かないことおびただしく、ろくに花に掴まらないで花の間を飛び交っている。

どうやら、卵を産み付けたがっているようだ。今飛んでいる蝶は越冬した蝶なので寿命の短さを自認しているのだろうか。とにかく忙しい、まさに花から蝶が飛び出しているような感じがする。で、こんな有様を表した言葉かもしれない。

.

いま、静岡県では富士山が世界文化遺産の候補になったことをうけ、さらに南アルプスもと運動を始めた。

日本には、このほかにも沢山の地域を文化遺産にしたくて運動している所があるようだが、世界中になるとどのくらいの数がその準備ををしているのだろうか。

と、思っていたら今度は、イタリアを中心に地中海料理も文化遺産にという声を起こした途端、フランス料理もときた。

文化遺産は、保護しないと崩壊していくものを、保護するためと聞いたことがあるが、食習慣まで崩壊するのだろうか、どうすれば守れるのだろうか。

この調子で行くと、文化遺産とは何ぞやから始めなければならなくなるし、現在世界に851件の文化遺産があるそうだが、何処まで増やしたらいいのか区切りをつける必要がありそうだ。

イタリアだフランスだと言えば日本料理も黙っていられないし、食の国中国も当然だろう。しかし、何処の国だって長年かかってその国の食を完成させてきた以上、ここが美味くてあそこが不味いとはいえないはずだし、不味ければいままで生き残ってこなかったはず、、、。

先日話題になったミシュランの格付けも、一部の人の評価に過ぎず、ゲテモノと思ってもその土地の人の舌にあえば最高級のはず、、、、その辺が景色にしても食にしても格付けするのが可笑しいと思わないのだろうか。

「ええい 面倒くさい」いっそのこと、地球を文化遺産にしてしまえばこと足りるのではないか。、文化遺産にこだわる人は何かそれによって利益をもくろんでいる人たちではいかと疑いたくなる。

私が思うには、富士山は何処から見ても綺麗だし、いまの国立公園で充分ではないかと思うがどんなもんだろう。

今日の鳥。水ぬるむ麻機沼の上空を飛ぶダイサギとウ

Img_0036 Img_0216

|

« 催花雨というには、、 | トップページ | 春のお裾分け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/40506937

この記事へのトラックバック一覧です: 菜花 蝶と化す:

« 催花雨というには、、 | トップページ | 春のお裾分け »