« 菜花 蝶と化す | トップページ | 蓬摘み »

2008年3月16日 (日)

春のお裾分け

Img_0100 知人の家のたけのこ掘り。

竹の落ち葉が降り敷いている中に、地表に出ようかどうかと迷っている感じの筍を見つけ出す。まだ小さい、長さは勿論だが太さも10センチに満たないが、今の時期のものはかなり高価だそうだ。

今年は、中国産が例の農薬入り餃子の影響もあって、輸入が少なくなる気配もあるようだと、テレビも言っていた。

たけのこ掘りは、人任せにし林の中を吹きぬける風に当たっていれば、枯葉の匂い、若芽の香りもそこはかとなく感じらて、竹の枯葉を尻に敷いて座ってみると、大の字になって眠りたい誘惑に駆られる。

そんななまくら者にも、春のお裾分け。焼いて二本、刺身に三本と春を味わってまた寿命が少し延びたかな、、、。

.

山はいま、緋桜が咲きお七を気取ったヒヨドリがメジロを威嚇している。そして、木五倍子(キブシ)は暖簾を下げ、アケビもいまや遅しとばかり蕾を膨らませている。

Img_0052

Img_0058

Img_0080

|

« 菜花 蝶と化す | トップページ | 蓬摘み »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/40525408

この記事へのトラックバック一覧です: 春のお裾分け:

« 菜花 蝶と化す | トップページ | 蓬摘み »