« ドドンガドンとサンバが通る | トップページ | ケリの猛攻に »

2008年5月 5日 (月)

子どもに無視されて

Img_0026 (昨年写した鯉のぼりだが、今年はどうだろうか)

今にも雨を降らしそうな厚いくて黒い雲が空一面にかかっている。

このごろ多くなったジャスミンの臭いが、強烈に漂っている。まるで、狭いエレベーターの中に濃い化粧の人が乗ってきたかのように、、、

香水は、本人が分からないくらいに付けるといいのだが、どんなものでも、「過ぎたるは、なお、及ばざるが如し」という諺もあるではないか。

,

今日は”こどもの日”  だけど、近所には子どもの声も聞えないし、屋根より高い鯉のぼりも見かけることは無い。

麻機沼のところで小学生らしい男の子二人。虫かごとタモを持って歩いていたので、「何か獲れた?」と声をかけてみると、聞えないような仕草でこちらを見ようともしない。

確かにこのごろは危ないおじさんが多いので、学校や親から「知らない小父さんに声かけられても返事してはいけないよ」とくどいほど念押しされているに違いない。

しかし、寂しい世の中だね。この子達が大人になったときにはどんな社会になっているのだろう。

.

今日の花。左、金鶏菊(キンケイギク)右、昼咲月見草(ヒルザキツキミソウ)何れも麻機沼の土手にかたまって咲く。何れも外来種で綺麗なのだが、土木工事のとき種を撒かれたとのこと。そこに生える植物は与えられた場所で懸命に努力した結果だが、日本古来の在来種が圧迫される。という人もいて、、、、。

Img_0037 Img_0039

|

« ドドンガドンとサンバが通る | トップページ | ケリの猛攻に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/41101931

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもに無視されて:

« ドドンガドンとサンバが通る | トップページ | ケリの猛攻に »