« いまにASIMOが | トップページ | 梅雨入りしちゃった »

2008年6月 1日 (日)

暦通りに衣替え

Img_0002 「お~い 暑いね。そんなところでしかっめつらしい顔して何考えてんだよ」とでも言いたげに下のほうから雨蛙が寄ってきた。

Img_0005 上の蛙はそれでもどこかを向いたまま一点をにらみつけている。背中を傍の葉に合わせたのか、それとも日焼けしたのか、変色させている。

昨日までの二~三日、四月上旬かとも言われたほど冷え込んでいたが、一転今日は快晴、27度まで上がった気温の中 Tシャツ一枚になって過ごした。

まさに、暦通りの衣替え。

島田の梅産地、伊太の農家から昨夜「梅を取りを始めたから、取りにおいで」と電話を貰ったので少しばかり分けてもらうため出かけた。

以前は、毎日の昼ごはんに梅干を一つづつ食べていたので使う量も多かったが、最近では食べる量がグッと減ってしまったので、近所のスーパーでもいいかと、思っていたが「物が違うよ」と言われればついついと出かけてしまう。

ついでに、淡竹(静岡ではハチコーという)のタケノコも少々とってきた。この筍は孟宗竹と違い、地面に出てきたところをへし折って食べるもので採取は簡単。ただ少しえぐい所が残るが、これも好き好きであり、梅狩りと淡竹取りのセットはは例年の行事となってしまった。

.

今政府は、子どもに携帯電話を持たせないように指導しようとしているそうだ。教育再生懇談会なる前政権の肝いりで作られた懇談会の提言で、持たせてもGPSと通話機能だけに、、、、という骨子だそうだ。

最近、携帯電話がらみの事件やいじめが多くなったことの寄るものだが、こんなことは親が対処するもので、わざわざ政府が口出しすることでもないと思っていたが、今日のNHKの番組を見ていたら、携帯電話にのめりこんだ子どもの電話代請求額が十数万円になる明細書を写していた。

ビックリしたね。私の携帯みたいに全然使わないのも問題だが、こんなに払っていたら我が家では生活が成り立たない。

さらに見ていたら、この子どもは、御飯の合間というより携帯の画面を見ている合間に御飯を口に入れるような状態。注意をすると「いやだ」といって続けている。

もし、これが自分の子だったら、ビンタの一つもくれて携帯電話を取り上げてしまうところだが、今の親はそれが出来ず(児童虐待で告発される?)ただ黙って電話代を支払ってしまっているらしい。(まったく舐められてしまっている)

これは一種の薬物中毒に似ていて、誰かと連絡を取り合っていないと不安なのだろうか。最近では毎日のようにキーを打ちながら自転車通学をしている学生を見る。ひところ流行った女の子のルーズソックスみたいにいつか下火になる時が来るのだろうか。

国が、「携帯電話を持たせるな」と決めても、こんな親たちではどうしようもないのだろうな。

「甘やかすにも程ほどにして子どものしつけ方を衣替えするように脱皮して欲しい」でないと、この子達が成人してから社会の荒波におぼれてしまうひ弱い子になり、苦労するのは目に見えている。

と、昔人間は思うのだが、、、、如何。

|

« いまにASIMOが | トップページ | 梅雨入りしちゃった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/41395544

この記事へのトラックバック一覧です: 暦通りに衣替え:

« いまにASIMOが | トップページ | 梅雨入りしちゃった »