« 絶滅危惧種だって | トップページ | 美人を傍に侍らせて »

2008年7月17日 (木)

ばんたび出てこなきゃ

Img_0132 ここ麻機周りのあちこちで親子のカルガモの群れが目立つようになった。

Img_0108 もう、ほとんど親と変わらない大きさに育ってはいるため、カラス等の天敵にも襲われなくなったと判断したのか、まだ保護下にあるのだが、雛のほうが勝手にあちこちに出歩くためなのか、それとも親のほうが子離れできずにいるのか、かたまったまま移動している。

今日は七十二候の「鷹 技を習う」だが鷹もこのころから餌のとり方を憶えるそうだが、カルガモのほうも一人立ちの技を覚えているのだろう。それにしても、生まれて二ヶ月やそこらで自活するための訓練に入るとは、、、、。

.

最近、また振り込め詐欺が急増しているそうだ。次から次へと新手を考えてぼろもうけをたくらんでいるようだが、一方で昔ながらの子どもを装って、「会社の金を使い込んだので、、」のような電話に、まんまと引っかかっている人も多いそうで、人は、なかなか学習できないもんだと思ってしまう。

警察や銀行のほうでも、ATMの傍では携帯電話を使わないように、サングラスなど変装具を使わないように、振り込み金額の小額化と手を打ちかけているが、いずれも後手後手になる。これは、むこうが次々と新手を考える以上仕方がないことである。願わくば検挙を多くし、偽札つくりのように刑を重くして割に合わないと認めさせるしかない。

先日、番組途中のテレビを見ていたら、周りが気づいて止めようとしてもそれを振り切って送金する人が四割もいると言っていた。こうなると、同情を通り越して「もう勝手にして、、」となる。

身内の一大事と聞くと、頭に血が上って、考える余裕のなくする人なんだろうけど、人情が厚いと言うのか、子離れの出来ないというのかは知らないが、自分の子どもでも自分のしたことは自分で始末をさせる。という覚悟が必要ではないだろうか。

何時までも面倒を見るわけには行かないはず、こんなことではあの世に行ってもオチオチ出来ず、ばんたび(静岡山梨方面の方言で”いつもかも”という意味)、両手を下げて出てこなきゃならない。(夏場はまだしも冬になると辛いよ。)

|

« 絶滅危惧種だって | トップページ | 美人を傍に侍らせて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/41885809

この記事へのトラックバック一覧です: ばんたび出てこなきゃ:

« 絶滅危惧種だって | トップページ | 美人を傍に侍らせて »