« ピッカラ シャンカラ ドンガラリンと | トップページ | 古希 富士山に(3,776m) »

2008年8月20日 (水)

美しい国?

P1010018 鼬萩(イタチハギ)またの名を黒花エンジュというが何れも花を見ないで付けた名前のようである。

もともとは、道路の則面の保護などで使われた外来の荒地向きの植物で、大木にならないところが採用された理由だったようだが、在来種で則面保護をという声から最近では使われなくなった。

無節操に輸入された植物の一つで、無理やり連れて来られたものの、孫が出来たら邪魔者扱いにされる婿養子みたいな所がある。

花も、なんとなく地味で紫色の筒っぽの周りに黄色い色は配色からいっても良くなく、冴えないのもそう思わせる要因か。

.

これだけ連日オリンピックの番組を見せられれば、嫌でも感想の一つや二つ出てくる。

今日も番外から、レスリングの試合を見ていたら選手の前を「美国」「日本」と書いたプラカードを持った女性が歩いていく、美国とはアメリカの中国読みであることは前から知っているが、なぜかということまで知らないので調べてみたら、中国ではアメリカを”(亜)美利堅”と書くのでとあった、日本では”(亜)米利堅”と書くので米になったのはそれぞれの発音から漢字に直した際の書き方であったらしい。

となれば、両方とも頭文字の”亜国”ですればよかったと思うが、亜の発音が弱わかったためつぎの強いアクセントの字を当てたらしい。

中国では、美という字をどう解釈しているか知らないが、私の感覚としては手助けや応援してくれる時はいざ知らず、朝鮮戦争やベトナム戦争など、今まで何回か直接、間接的に戦争相手になったとき相手国を”美国”とはいいにくい面があるのではないかと思う。

また、あまりにも自分勝手に過ぎる国を”美しい国”というのはどうなんだろう。

もっとも、メリケン粉の国を”米国”とはこれ如何にという向きもあるが、日本の米が輸出できないころ南アメリカで仕事をしていた我々はカルフォルニァから仕入れた米を食べていたが、これが意外と美味く、「やはり米国だな」と言い合ったのを憶えている。

Img_0004_1 またまた脱線続き、大阪名物の一つに”ビリケンさん”というのがあり、幸福を呼ぶ神様で私の知り合いはこれを含めて大阪では八福神というと言っていた。目が釣りあがってとんがり頭、ちょっと見には少々不気味な感じの木彫りの人形だが、これが出来て丁度百年になるという。

どう見ても東洋的な顔立ちなので、日本で出来たかと思っていたら、発祥はアメリカだという。となれば、アメリカから来たのがなまって”ビリケン”かと思ったらこれがまた外れて、アメリカでも"Billikenn"というそうだから、、、、、

ともあれ、七福神は日本の神様ばかりでない以上、アメリカ生まれの神様だって加わる価値が充分にありそうだが、”美神”とは呼ばないで、、、。

|

« ピッカラ シャンカラ ドンガラリンと | トップページ | 古希 富士山に(3,776m) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/42219890

この記事へのトラックバック一覧です: 美しい国?:

« ピッカラ シャンカラ ドンガラリンと | トップページ | 古希 富士山に(3,776m) »