« あかいあかい曼珠沙華 | トップページ | 高齢者扱いに「ホッ」 »

2008年9月22日 (月)

皿からこぼれる団子

Img_0069 イシミカワが色づきだした。まるで、傾けた皿の中から団子がこぼれるように、、、。

花はあまり目立たないので、実が色づきだしてからここにもあったかという程度の草だが、襟巻きのような葉、(托葉と書く)に囲まれた茎の中に薄緑から熟すにつれて赤紫~濃藍色の艶々とした実に変わっていく。

この花の名前、漢字で書くと石見皮とか石実川、石膠とか言う字を当てるらしいのだが諸説?あって分からない。

タデ科の植物で蔓には鋭い棘があり、継子の尻拭いと比べても実でしか判定できないほど似ているうえ、日の光を求めて何処までも這い上がる強引さまでも、、、、。

.

自民党の総裁で麻生太郎氏が当選した。4度目の挑戦でようやく手にしたポストであり、国会の規則に拠れば次期首相になるのはまず確実であろう。またしても自民党は世襲議員?名門家系?のお坊ちゃんに次期を託すことになった。

それにしても、12日から開かれる予定だった国会の会期をかなり無駄にし、どんなタイミングで総選挙にはいるのか分からないが、枯れ木も山の賑わいとばかり、五人も立候補しての選挙はすっかり興ざめ。

最後の一週間は野球の消化試合の様相であり、なんだか一つだけ残して皿からこぼれる団子を見る思いで、どれをとっても同じ、粘り気のあるやつが最後に残ったと言った感じ、、、。

その間に、事故米、アメリカ発の金融問題、中国のメラミン牛乳など政府が率先してやらなければならない問題が、無責任辞任首相の下では的外れな大田農水大臣辞任をしただけでストップしている。

麻生太郎氏は、”失言癖”があると自認しているが、あれは、失言でなく日ごろから本当に思っていることで、周りの反響を見て謝っているにすぎないと私は思う。

それにしても、圧倒的多数の地方票は人の心のむなしさと言うか、移ろいやすいと言うか見事なもので、そんなに一方に傾むいてもなんの益もない人ばかりなのにと思うのだが、、、、。ええい、もう言うまい。

.

今日の花。左、山ラッキョ  右、雀瓜

P1010085 P1010024

|

« あかいあかい曼珠沙華 | トップページ | 高齢者扱いに「ホッ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皿からこぼれる団子:

« あかいあかい曼珠沙華 | トップページ | 高齢者扱いに「ホッ」 »