« 蜜柑のにおい | トップページ | きのこ食べたし命は惜しし »

2008年10月19日 (日)

五時のチャイムで日が沈む

Img_0047 日中は買物のお供であちこちを回って過ごしていたが、夕方になって富士山も見えていたので、久し振りに梶原山からの夕日を見に行こうと出かけてみた。

公園下の駐車場に来てみると、十台を越す自動車が駐車している。一瞬嫌な予感がしたが、ここまで来て引き換えすのもなんだなと思い登っていく、、。

今日は、気温も高くピクニックに良かったと見えて山頂一帯にあるテーブル付きベンチには子連れの団体さん、家族連れ、友達同士と言ったグループがそれぞれの場所を占拠している。

Img_0050 後30分ほどで日の入り時刻を迎える西側の空は、太陽を中心に赤くそまり、その下の山々を墨絵で書いたように手前を黒く奥にいくに従って明るいねずみ色に染め分けている。

Img_0049 後方の富士山は、山頂の積雪部分をいくらか紅くしているものの、霞のため薄ぼんやりとしている。

写真を何枚も映して見るが、まだ気温が高く靄が邪魔をして思ったような場面にはならない。せめて、西空に雲があればもう少し違うのだがと思いつつ五時のチャイムと共に太陽は「ほな 今日の授業はこれまで」というように安倍城址の後の隠れた。(今日の日の入りは五時丁度)

ただこれを映しながら、来なきゃよかったと思っていたのは、テーブルの上に靴をはいたまま乗っている若者と犬をテーブルの上で遊ばせている家族連れが気になったことだった。   日が悪かった。

自分の家でならこんなことは絶対しないはず、子どもの前で注意するのもどうかと思い、我慢したのだが、、、、ストレスがたまる~。

知らなきゃどうってことないのだから、ひとの多い山は行きたくない理由がここにある。

.

今日の花。

左、駐車場傍の桜、毎年のように狂い咲いている。 右、ヒキオコシ、関屋の秋の丁子(セキヤノアキノチョウジ)此方は典型的な秋の花。

Img_0071 Img_0182

つるぼさんのご指摘どおりです。薄暗くて傍に行けなかったのと思い込みでした。下の写真は、昨年八高山で写した”関屋の秋の丁子”です。

Img_0105

|

« 蜜柑のにおい | トップページ | きのこ食べたし命は惜しし »

コメント

つるぼさん

桜の花は良く分かりません、花の形から染井吉野ではないようですが、いつもこの時期にも咲きます。
春に一回咲くのですが、夏場に葉を虫に食べられて丸坊主になったあとの二度咲きです。

それから、右の写真はご指摘のとおりです。有難うございました。思い込みはいけませんね。

投稿: オラケタル | 2008年10月20日 (月) 16時31分

左の花は10月桜ですか?右の花はヒキオコシではなくセキヤノアキチョウジだと思います。

投稿: つるぼ | 2008年10月20日 (月) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/42842444

この記事へのトラックバック一覧です: 五時のチャイムで日が沈む:

« 蜜柑のにおい | トップページ | きのこ食べたし命は惜しし »