« 新米とどく | トップページ | 合器蔓は蓋つき »

2008年10月15日 (水)

羽衣縷紅草

Img_0010 Img_0012 羽衣縷紅草(ハゴロモルコウソウ)という。縷紅草(ルコウソウ)と丸葉縷紅草(マルバルコウソウ)を交配して出来たという。

どちらが雄しべでどちらが雌しべか知らないが、、、

花の形は、どちらも似ているが少し大きいようで差渡し1.5センチぐらいか。そして、葉が両方の間を取ったらしく、丸葉に切れ目が入って紅葉のようになっている。

遺伝子のなせる業だろうが、もともとは同根なので交配できたとなると、元の姿はどうだったんだろう。  なんて考えてしまう。

.

今日本では、民法の規定に従って離婚後300日以内に出産した子どもは前夫の子どもになるため、それを嫌って無国籍になった子どもが127人以上いると言われている。

ひと昔前ならいざ知らず、DNA鑑定がこれほど定着した世の中。この法律は時代遅れの感があるのだが、保守的な議員の中には”不倫の子”意識があってなかなか修正できないらしい。

離婚に到るまで心の葛藤や意地など、いろいろな事情もあってなかなか離婚に同意できない人も多い中で300日規定は、医学の発達で早産の子も助かるようになってますます合わなくなってきているのだが、、、。

.

ノートンのアンチウイルスで時間を取られてしまい。

散歩にも出れず、金物を処理場に持って行っただけで一日が済んでしまった。

.

今日の花。

左、鏤紅草 右、丸葉鏤紅草

Img_0008 Img_0056

|

« 新米とどく | トップページ | 合器蔓は蓋つき »

コメント

つるぼさん

よかったです。グラウンドの後で見ましたか、不思議なもので一回見るとそのほかでも次から次へと見るものです。
流通北側、観山中学東側の田んぼにもありますが、あれだけ見ると絶滅危惧種と思えないくらいです。

投稿: オラケタル | 2008年10月21日 (火) 17時35分

オラタケルさん
昨日、早速タコノアシを見に行って来ました。いっぱいあり感激しました。サクラダテも。来年からは探しまわずに済みます。それにしてもホテイアオイの多さにはびっくりです。有難う御座いました。

投稿: つるぼ | 2008年10月21日 (火) 05時08分

つるぼさん
タコアシは流通北側の中ほどから子ども病院のほうにかけてと観山中学の北側(山に向かっていく)にサッカー場と野球場がありますが、野球場のさらに山側に自生しています。

投稿: オラケタル | 2008年10月17日 (金) 21時22分

市街地から行くと空中道路のような工事中の手前の農道(谷津北?バス停)を右に入り横道を過ぎた左側の昨年は工事中のヘンスのあった所です。流通センターの前の池の周りのサクラダテは見つかりましたが,タコノアシは見つけることが出来ませんでした。

投稿: つるぼ | 2008年10月17日 (金) 04時41分

つるぼさん

麻機沼には今でも沢山咲いていますが、あの繁殖力には少し怖さを感じます。
つるぼさんは、どこで見られてますか。
オモダカは確か少ないようですが、これも気候のせい?

投稿: オラケタル | 2008年10月16日 (木) 08時33分

今年もミズアオイが咲きましたね。昨年よりいっぱい。
オモダカは少ないように思います。

投稿: つるぼ | 2008年10月16日 (木) 06時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/42800718

この記事へのトラックバック一覧です: 羽衣縷紅草:

« 新米とどく | トップページ | 合器蔓は蓋つき »