« 晴天の旅行者 | トップページ | 羽衣縷紅草 »

2008年10月14日 (火)

新米とどく

Img_0051 秋アカネも長い避暑生活を終え、山から下りてきて次世代に命をつなぐため刈り取った稲藁の先っちょにとまって相手を探している。

.

待ちに待った新米が長野から今日届いた。「今年はどんなかな~」早速精米して戴くことにした。

ほっこりとした食感と香り。何にもまして美味い。一週間ほど前に当面のつなぎにと近所の店から買ってきた米も”新米”だと書いてあったが格段に味が違う。

「日本に生まれてよかったなぁ」と思うひととき。戦後の食糧難のときこんな時代が来るとは思えなかった。

この米の味も国によって違い、南米で仕事したときに、ほとんど手をつけていないカルフォルニア米の弁当を現地採用の作業者に味見してもらったら、歯の間に詰まって美味くないとのことだった。

自分たちにしてみれば、あちらの米はインデアカ米、いわゆる外米はパサパサして食べられないので、アメリカから取り寄せた米でご飯にしたのだが、、、

あちらでは白い御飯、(arroz de blanco アロス デ ブロンコ)はまず食べない、いわゆるオリーブオイルでいためた五目チャーハン風かパエリャ(paella)のように生米を他の具と一緒にして鍋で料理するのが普通で、そのためにはパサパサの米が合うようだった。

白い米の文化。銀シャリの時代が何時までも(私の生きているうちだけでも)続くことを祈る。

|

« 晴天の旅行者 | トップページ | 羽衣縷紅草 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/42786346

この記事へのトラックバック一覧です: 新米とどく:

« 晴天の旅行者 | トップページ | 羽衣縷紅草 »