« しろばんばが飛んできた | トップページ | 美味そうに見えても »

2008年11月 9日 (日)

なびき伏しけん

Img_0001 から小雨が降り続く寒い一日になった。国1バイパス北側の田んぼは今では数少なくなった、まだ刈り入れが済んでいない田んぼだが、先日来風もないのに倒伏したまま、今日の雨に打たれいる。

思わずこんな歌詞が浮かんだ。

、、、高嶺おろしに草も木も なびき伏しけん 大御世を、、、

(こんな歌知っているのは戦前生まれぐらいだろう)

Img_0004 今日の気温は、まだ十一度と寒暖計は示すが、薄着で外出したためか体感温度はもっと低く、降る雨も”氷雨”と言った感じがするなか、川根の家山に行って特産市を見てきた。

十時少し廻ったばかりだが、すでに駐車場に車がかなり来ていて会場に仕立てられた学校のグラウンドにはテントが幾張りも張られて賑っていた。

その一番奥には、舞台がしつらえられて、壇上にスーツ姿の人が何人腰掛けていた。私が到着したときにマイクから「それではこれで開会式を終わります」と言っていたが壇上を遠巻きにして見ている人はほんの僅か、それもほとんどが子どもで、大半は立ち並ぶテントの出店に群がっていた

どんな開会式だったか分からないが、壇上にいた名士(?)は一般の人から無視され、さぞしらけていたことだと思う、、、、、。

ともあれ、折角来たのだからと、お茶や、山葵を含む農産物を買い、豚汁、焼き魚をたべて幾分かは協力してきた。

.

アメリカでオバマ大統領候補者が選挙戦を戦っているときから、福井県の小浜市では大騒ぎし、当選が決まってからも大統領の就任式典に誰かを派遣するだの、フラダンスを踊るなど町(市?)ぐるみで興奮しているようだ。

オバマ氏がどんな人物でどんな政策をしようとするのか全然関係なく、ただカタカナにした文字が一緒だと言うだけでこんなに狂ってしまうのはいかがなものだろうか。

多分そう思っている人もいるのだろうが、表立ってそれを言う雰囲気でないことは分かる。とにかく時流に逆らっても無駄なのでみんなと一緒になびき伏しておこうか。

多分、就任して半年もすれば、クリントン時代の時のように、あれもこれもと負担を要求してくる可能性のある、アメリカ民主党の政策にガッカリして人気の潮が引くはず、すると「あの時はなんだったのだろう」と熱が冷めた風邪引きのように言い出す可能性が、、、。

彼は、あくまでもアメリカの利益を優先するアメリカの大統領なんだ。ということを忘れてはならない。

.

帰りに寄ったスーパーではバナナが山のように積まれ、ダイエット食として売り切れが続いていているといわれた先月の話がうそのように見える。

結局は、効果が無かったか、毎日バナナ食では飽きが来たのか、、、いずれにしろ飽きっぽい国民性に輸入業者が慌てて輸入した在庫を抱え、頭を抱えている図が目に見えるようで、、、、、、。

|

« しろばんばが飛んできた | トップページ | 美味そうに見えても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/43059797

この記事へのトラックバック一覧です: なびき伏しけん:

« しろばんばが飛んできた | トップページ | 美味そうに見えても »