« 寒空に突き立つ | トップページ | 紅葉と滝と富士山が »

2008年11月21日 (金)

子どもの声にぎやかに

Img_0029 ず~ッと下のほうからワイワイガヤガヤと言う声が湧き上がるようにして聞えてきた。

今日は月一回の歯の治療日。朝一番でやってもらった後あまりの天気の良さに誘われて、バイパスのトンネル近くから麻機の山に取り付いて富士山が綺麗に見える”お気に入り”の場所に向かった。

シュロの葉陰から見る富士山は、市内から見る富士としては五本の指に(自分なりの基準)入れている。ここにいたとき、その声が聞えてきた。

Img_0032 ここから下って、農道に出てみると小学校高学年の児童が切れ目無しに登ってくるのと遭遇した。多分近くの小学校の一学年全部らしく、百人ほどもつづく、帽子の色は違っているが皆元気な足取りで登っている。

中には挨拶をしていく子等もいて、こちらもズボンについた草の種を取りながら精一杯の声を出して返事する。

Img_0039 山に登りだしてからだが、風も収まり小春日和の暖かい陽気になる。一つ向うの蜜柑山の間の細くて急な小道には保育園の子どもが保母さんに連れられて「ガンバレ」と下の子どもを励ましながら登っているのが見受けられ、今日は幼い子どもの声が充満する麻機山となった。

Img_0042asahata 蜜柑もそろそろ取入れが近いようで、斜面は葉の緑と蜜柑の黄金色が半々くらいに見える斜面がつづき、小学生がそれぞれ地図を出して下に広がる町並みと見比べている脇を通り過ぎれば蜜柑越しの富士がすっきりと立っている。

まさに、静岡ならではの風景であろう。

ふるさとでは、昨日辺りが初雪で20㌢余が積もっていると言う便りがあったが、足元にはツリガネニンジンがまだ咲いていた。

.

今日の花。

左、釣鐘人参。高い山では夏に咲く花だが、時期遅れというか、、、。右、コスモス。稲を刈り取った後に撒いた種だが、、。

Img_0046

Img_0024

|

« 寒空に突き立つ | トップページ | 紅葉と滝と富士山が »

コメント

慶さん

そうですか、娘さんもこの山を登っていましたか、そうするとこの写真に写っている保母さんは後輩になりますでしょうか。
私も何回かこの坂道で会ったことがありますが、保育園児の足は結構しっかりしていて、石ころだらけの道を上手に上り下りしてますよ。
また、夜景を含めて景色を見るだけなら自動車でも簡単に登れますので是非上がってみてください。

投稿: オラケタル | 2008年11月23日 (日) 22時09分

いいですね~。ここからの景色がいいよというのは保育士でここによく園児を連れてきていた娘からも聞いています。海まで見えるそうですね。やっぱり少しでも見晴らしのいいところにでないとだめですね。でも雑踏の中から見える富士も忙しい生活の中でちょっとほっとする景色ではあります。もう少ししたら出られるようになるかな~。
それから木立ダリア!なんていう名前だろうってずっと気になっていたお花です。ずいぶん大きくなるんですね。よそのお宅で塀の上の高い所に咲いているのを見かけるんですけど、大柄(?)なやはり南方系の感じがする花ですね。今の時期に咲いているとびっくりしますね。ダリアって夏のイメージが強いですから。

投稿: | 2008年11月23日 (日) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/43182004

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもの声にぎやかに:

« 寒空に突き立つ | トップページ | 紅葉と滝と富士山が »