« またどこかで、、と  花沢山&満観峰 | トップページ | 達磨さんがころんだ »

2008年12月16日 (火)

珊瑚玉のような冬苺

Img_0037 乾いた落ち葉がカサコソと風に揺れる下から艶々とした紅い実が珊瑚玉のような色合いを持って見え隠れする。

冬苺。  棘の生えた蔓は何から身を守っているのだろうか。丸い葉の陰には直径1㌢に満たない小さな実を密集させて種を運ぶ鳥なんかを待っているようだ。

ひとつふたつ摘まんで口に入れてみる、酸っぱみが強く固い種、その味は懐かしい感じと「はて、どこで食べたのだろう」かと記憶を探してみるが脳のどこの引き出しにも見当たらない。

.

今日は、清水の河岸市場へ人を案内し、そのお礼といって海鮮丼をおごってもらった。バイパス沿いに行ったが、なんだか朝方に事故があったとかであちこちで交通渋滞が起きていて時間がかかった。

今年は、いままで減少していた犠牲者数が、昨年の年間トータルを追い越したと言う。ガソリンが一時かなり高かった時期には自動車離れがあり、交通量が減ったと聞いたことがあるが、、、、、、

増えた原因は何なんだろうか。

|

« またどこかで、、と  花沢山&満観峰 | トップページ | 達磨さんがころんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/43440336

この記事へのトラックバック一覧です: 珊瑚玉のような冬苺:

« またどこかで、、と  花沢山&満観峰 | トップページ | 達磨さんがころんだ »