« いらっしゃい いらっしゃいと | トップページ | ラ クカラチャ »

2009年1月28日 (水)

白鷺は

Img_0011 白鷺は小首かしげて 水の中、、、

往年の役者で歌手だった高田浩吉の歌であるが、今では知る人ぞ知るであろう。

川端で佇んでいる鷺一羽、岸辺で佇んでいる姿より水の中のほうが際立っている。

朝食も済んで腹がくちくなっているのか、さすがの水鳥も水の中より日の光であっためられた枯れ草のほうが良いのか、、、、、。

足が黄色い所を見ると小鷺になるか。全身が白い鷺を白鷺というが身体の大きさからしか判定しにくく、比べるものない遠目では「どっちかな~?」と常に思ってしまう。

|

« いらっしゃい いらっしゃいと | トップページ | ラ クカラチャ »

コメント

慶さん
鴨と違って鷺は人間に対する用心が格段に強いので、なかなか傍まで近寄らせてくれません。

この写真の後すぐ飛び立ってしまいました。

投稿: オラケタル | 2009年1月30日 (金) 08時41分

ほんとですね。水の中の方が鮮やかで、顔の表情もよく見えますね。ちょっと物思いにふけっているように見えますね。パッと見たときあら?写真が逆?って思いましたよ(^O^)/

投稿: | 2009年1月29日 (木) 15時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/43882931

この記事へのトラックバック一覧です: 白鷺は:

« いらっしゃい いらっしゃいと | トップページ | ラ クカラチャ »