« 屁のツッパリ? | トップページ | 柴上げ漁 »

2009年1月17日 (土)

自縛りから開放

Img_0018 ジシバリ、漢字で書くと”地縛”と書くのだから、ヂシバリと書かなければならない筈、とまずケチを付ける。

Img_0005tabirako 春先に咲く黄色い花、タンポポ、スミレなどと並んで可愛い花である。名前の由来としては地面一面にこの草が覆ってしまうことから、まるで地面を縛ってしまうというような意味でつけられたと書いてあるが、そんなに強そうな感じは無い。

そんな名前は蔓で一面を覆ってしまい、木までを枯らしてしまう葛(クズ)や竹などに献上し、もっとやさしい名前をつけてやりたいのだが、一度付けられた名前はなかなか変更が気かないようだ。

また、別名をニガナ(苦菜)だとしているものもあるが、どうもそうではないような気がする。戦後の食糧難の時、野山やあぜ道などに生えている草をなんでも食べて見たことがあるが、その時でも摘んだ覚えが無いし、そう書いている人も実際に食べたことがあるのだろうか。

.

「一週間ほどで検査の結果がでますから来てください」と言われていたので、今日は病院へ重い腰を揚げて行ってきた。

七日の日に血圧が高くなって、娘に「どうしても行ってきなさい」。と厳命されて行ったときに採取した血液と尿の検査結果をである。

どんな結果がでているのか、嫌なものである。「怖いもの見たさ」という言葉があるが、その逆で見たくない。そっと無視しておきたい。というのが正直な所。

診察室から呼ばれ、医者様の前に座って聞いた言葉は「血液、尿とも検査の結果、どこも悪い所は見当たりません」だった。

じゃあ何が原因なのだろう。今日の血圧は上が144mm、下が85mm。「薬がなくなったときにまた来てください」

先日、脳梗塞で倒れた経験を持つ知り合いから、「塩気を取らないように」と言われ、自分で漬けた漬物も止め、味噌汁も薄くしてきだが、”自縛り”から解き放されたように「食べるぞー」、、、と。またどこかで、注意されるまでしばしの間。

.

今日の花。

タンポポ、スミレは春の花。ここ二~三日静岡でも氷点下を記録して来たが、それにも負けず、陽だまりに咲き出した。

                                      Img_0009_2          Img_0023

|

« 屁のツッパリ? | トップページ | 柴上げ漁 »

コメント

慶さん
血圧が高くなった原因はまだ分かりません。そう心配事もないし、しょっちゅう怒っているのでストレスもないはず、、、
ただ塩気のものは、子どものころから寒い地方特有の漬物で育って来ましたから、止められると味気ないので困ります。
ともあれ、自分の身体は自分で守れですから、、、中風にだけはならないように、心がけましょう。
有難うございました。

投稿: オラケタル | 2009年1月19日 (月) 22時03分

検査結果に異常がなくてよかったですね。といっても、じゃあなんで血圧が高かったんだろうって逆に気になったりしますよねえ~。適度に減塩してくださいね。あんまり気にしすぎても「気に病む」「気で病む」になってしまいますもの。
 ジシバリの名前、慶も気になっていました。茎や根が細すぎて草むしりしてもなかなか、地面からすっきり抜けないからかななんて勝手に思っています。痩せた土にへばりついてはえて、手にうまくつかめないので草むしりしにくい草ですよね。でもシジバリの生えている景色は田舎の懐かしい景色です。

投稿: | 2009年1月19日 (月) 17時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/43769393

この記事へのトラックバック一覧です: 自縛りから開放:

« 屁のツッパリ? | トップページ | 柴上げ漁 »