« 春の小川は | トップページ | 寝ぼけ眼の虫たちも »

2009年2月20日 (金)

患者様

Img_0033_2  未明に降りだしていた雨は、午前中で上がった。

傘をさして、郵便局に行ったついでにそこらを散歩を兼ねて歩いてみた。目的は鈴蘭水仙、この花が咲きだしているのは二~三日前から気がついていたが、まだ咲き出したばかり、ポツンポツンと言った状態だったから、もういいだろうと思った。

行ってみると、黄色いラッパ水仙とともに一群を作っていた。艶やかなラッパ水仙を引き立て役のようにしてことさら清楚さをひけらかしているようにも見える。(いやみ?)

雨に打たれて、水滴をつけてさらにかがんでいる。花言葉は清純、純潔などというそうだ。

Img_0032 此方の写真は去年のものだが、写した日にちを見ると三月二十日になっているので、今年は半月以上は早い開花と見てよいのではないだろうか。

.

今日のニュースでは体外受精で妊娠した人が、間違って別な人の卵子らしいと分かって中絶し、「患者さまにはまことに申し訳なく、、、」病院の医者があやまっている映像が流れていた。

この中で、最近ではこの方法で出産する人が五十五人に一人もいるということを聞いてその数の多さに驚いた。排卵誘発剤などによる妊娠を含めれば、人為的出産はもっと多くなるのではないだろうか。

何時から日本人はそんな方法を取らなければ妊娠しなくなったのだろう。我々のころは自分を含めて、五人兄弟はが平均、中には九人十人兄弟なんてのもあり、産児制限が真剣に論じられていたことと比べると、天と地ほどの違いがやっと半世紀の間に起きていることになる。

精子が弱いのか、卵子の防御が強すぎるのか。ひょっとすると日本人が真っ先に滅亡する人種になったのではないかと思う。

そして、取り違えた原因があまりにも初歩的な間違いだったことに、「またか、、」という気がしてならない。

医療の現場では、酸素吸入している患者に窒素ガスだったか炭酸ガスを接続して死なせたり、注射器を間違えて他の患者に打ったりなどという事故を良く耳にした。

人間は、勘違い、間違いを起こす動物である。という認識の下、そうならないような対策を工業界ではむかしからやっている。ガスの接続にはネジのサイズを変えて酸素しか繋がらないようにするとか、作業開始前に”指差換呼”するとかし、事故を減らそうとしてきた。

それに対して、たまに病院に行ってもそんな状況は見たことが無い。確かに対象物は違うかもしれないが、一つの机の上に同じような受精卵子を二個置くという、そのことが間違いの元という認識がないのはおかしい。

自分の場合でも、会計を済ませて診察券しか帰ってこないので、「保険証は?」と聞いたら、しばらく探して他の人に渡してしまったらしいといわれ帰ったが、その夕方まで何の連絡も無かったので「間違いは仕様がないが、その後どうなったか位の連絡が何故出来ないのか」と叱りつけた。受付嬢にはかなり不満だった様で、仏頂面をしていた。

病院の受付で「○○さま」「患者様」なんて謙譲語を使われ、自分でないような気がするが、そんなことよりまず間違いのないようにしてもらいたい。

|

« 春の小川は | トップページ | 寝ぼけ眼の虫たちも »

コメント

慶さん
心配をかけてすみません。保険証の話は半年以上前のことでしたが翌日、病院まで取りに行き無事でした。
ただ本文でも書いていたのですが、後の処置「どこにありましたのでどうしています」と言うような経過報告が、此方から電話するまでまるっきりなかったことで叱りつけたのです。
病院勤務の自分の娘にその話をしたら「ええっ、じいじまたやったの」と言っていましたが、どこかで悪用されても敵わないですからねって、、、。
「いまの若い衆」は間違いを認めたがらないし、誤りたがらないのが、仏頂面で良く分かりました。

投稿: オラケタル | 2009年2月21日 (土) 17時03分

保険証見つかりましたか?慶も病院に勤めているので医療事故にしろ事務手続きにしろ人ごとではありません。特に受付は簡単な仕事に見えてなかなか煩雑で大変です。何人か受付業務や助手を指導してきましたが、細かいめんどくさい作業ができない人が多いです。「薬の袋にいちいち名前を書かなきゃいけないの?」とか毎月そのつど保険証を確認し細部のチェックをしないといけないのですが、ちらっとみて「確認した」と言い張ったり…。最近はPC入力での作業が多いのですがせっかくエラーチャックがかかったのにめんどくさかったからDrに確認しなかった…おい!です。Drも「消毒」という観念のない人も結構いたりして、企業健診というのにいくと様々なDrとかかわるのですが、はっきりいって「ええ~」という人もいます。この人の診療室にはいきたくないわって思いますね。
とにかく今は個人情報保護法の施行もあり、カルテや保険証の管理については厳しくなっています。たとえ受付のやったことでも管理責任は院長にありますので、もし、なくなってしまったらどうしてどこに行ったのかちゃんと確認を求めた方がいいですよ。どうしても納得のいかないときは行政や医師会に電話すると最近はすぐ対応してくれます。

投稿: | 2009年2月21日 (土) 11時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/44121152

この記事へのトラックバック一覧です: 患者様:

« 春の小川は | トップページ | 寝ぼけ眼の虫たちも »