« 敵もさるもの | トップページ | 春の小川は »

2009年2月18日 (水)

いまの若い衆は、、、

Img_0009sizuhatayama 「いまの若い衆はなぁ~、、、」という声が前のほうから聞えてくる。この言葉が口から出るのは”老人の証拠”。と前に聞いたことがあるくらい、何かにつけて年よりは口にする。

今日は、池ヶ谷から麻機の尾根に上り、南下して賎機山城址を通り賎機山公園を経て浅間神社に降りるコースを歩いてみた。

賎機山城址の付近で男ばかり六人組のパーテイーを見つけすぐ追いついた時の話し声が冒頭の言葉だった。話しの前後はどうなっていたのか知らないが、最後尾の人に「どんなグループなの?」って聞くと、この下付近の閑なオッサンばかりが適当に歩いているだけという。

最後尾に静かについて歩いていたつもりだったが、先頭の人にも分かったと見え、急にスピードが上がり、賎機山公園を前にしてひとりの年長者が「膝が痛くて動かない」と言って立ち止まったのを機に、みんな大きく胸を弾ませながら休んでしまった。

追いついてきた人を先に出してしまえばゆっくりと歩けたものを、なまじ頑張った付けがでたのか、、、むかしから年よりは口ばっかしの証明。

なんだか追い立てたようで、悪いと思いながら追い越させてもらった。大きな平和観音像がある賎機山公園からの降りは行き交う人も多くなり、陽だまりは温かい。

しかし、道の両側に植えられている染井吉野はまだ蕾も固い。すれ違った一人歩きの女性から「今日は富士山が奇麗ですね」と弾んだ声で挨拶される「そうですね、雲のかかり具合も適当で、、」と返事。

仕事を辞めてすぐのころ、このコースは浅間神社に降りるまでが精一杯で、帰りはバスに乗ったものだったが、、、、、、、

Img_0021 今日は二十四節季の「雨水」

春を感じて雪が雨になり氷が溶けて水になるころ、というが、先日の二十六度にもなる気温の後では、今頃何いってんの今日は「寒の戻りじゃん」とでも言いそうな一日である。

帰りは、城北公園を一周し知り合いを探したが今日は出会えなかった。沈丁花の花も満開になって柑橘系の芳香を放っている街角を曲がり曲がっての散歩は春とのふたりづれ。

.

昨日は中川騒動で一日が暮れた感じだったが、本来ならヒラリークリントンが主役になるべきだった。

それにしてもタフな女性である。あれだけあちこちと駆け回っても笑顔を絶やさずに会談をこなし、今日はインドネシアで同じ笑顔を振りまいている。

日本の政治家で彼女に対抗で出来る体力がある人はいないのではないだろうか。特に小沢民主党党首なんかは、、、、そして、時差に弱い中川元、、は

とにかく名前どおり、ひらりひらりと飛び回る姿にアメリカ人と結婚していた旧友曰く「アメリカさんは強いぞ!」って言っていたのを目の当たりにした思いである。

強いって言うのはもちろん想像通りだけどね。

|

« 敵もさるもの | トップページ | 春の小川は »

コメント

星さんは鉄砲打ちでしたか。
私の従兄弟たちも冬になると漁師になり、毎年熊の肉は欠かしたことがありませんでした。
一方で、私の場合は野うさぎを罠でとるため雪山のあちこちに仕掛けたり、昭和20年代には厳しくなりかけましたが、霞み網でのつぐみ取りなどを楽しんだものです。
以来、山歩きだけはお金のあまりかからない趣味として、足の動く限り続けたいと思っています。

投稿: オラケタル | 2009年2月19日 (木) 21時38分

慶さん

男ってのはそれが生きがいみたいなもんです。私のしてきた仕事は男しかいない職場だったので、どれだけ酒が飲めるか、どれだけ重いものが持てるか、自慢の仕あいで終始しました。
子ども時から家事手伝いで、薪を切りそれを割るためノコギリや大きな斧を使いつけていましたので、学校を出るころには体力がありましたが、静岡に来てからの新入生はそんな労働をしたことがないため、カケヤも振るえず、釘も打てず。つい「最近の若い者は、、」になってしまったものです。
先日家に来た娘が、自分の子どもに同じようなことを言っていたので、横を向いて苦笑してしまいました。
こんなのが、親父ギャル、、、、にしては老けてますけど、、。

投稿: オラケタル | 2009年2月19日 (木) 21時28分

エジプトのヒエログリフにも「今の若いものは、、、」とあるそうで。世界共通のイヤミ、老いの坂を歩くボヤキ。私くらいになると相手の90%以上は「若いもん」ですもんねえ。一々言ってられません。嘗ては猪、雉、山鳥を求めて山を駆け回った私は今、家の中をウロウロ回るだけ。

投稿: 星 | 2009年2月19日 (木) 10時50分

「若い衆」という言い方ということはしぞーか人ですね(*^^)v今の若者は…というのは常に言われ続けてきたんでしょうね。慶もどうもその言い方は「自分が年をとった」と認めている証拠と思ってしまいます。おじ様達の団体が無意識に(?)競うようにして歩いたというのが想像できて楽しく読ませていただきました。おじ様たちもそうですけど男の子って小さいうちからつまんないことに見栄をはって競ったりしません?それが男性たる由縁でしょうけれど(^_-)うちの息子もあほ~な競争をいつもつるむ仲間とやってましたよ(いや、やってます!)おじ様たちもそのうち健脚になって、野山を駆け回る(?)いや巡るようになるんじゃないですかね(*^^)v

投稿: | 2009年2月19日 (木) 09時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/44102427

この記事へのトラックバック一覧です: いまの若い衆は、、、:

« 敵もさるもの | トップページ | 春の小川は »