« 桜が白く見えるのは | トップページ | 流れ落ちる枝垂れ桜 »

2009年4月 6日 (月)

大間の山のカモシカは

Img_0007 孫たち二人の高校入学式にご招待がなかったのを拗ねたわけではないが、温かそうな天気だったので、行き当たりばったりのドライブにいってきた。 

はじめはそれでも行く先を決めていたのだが、井川に通じる富士見峠で南アルプスが見えなかったことに原因がある。これじゃ行っても仕様がないとばかりUターンをして藁科川の上流にある”湯の島温泉”に向かう。

その途中、黒い塊が前を横切って山に入った。「カモシカだ!」すぐに車を止めてカメラを持ち入ったあたりに向かえば、藪の中に一頭。

早速、カモシカ踊りをして近づく。   カモシカ踊りとは、、、、カモシカはほかの動物と違って人間を見たからといって一目散に逃げ出すと言うことはない。人間が変な身振り。たとえば身体を大げさに動かしたり、手を上げ下げするなどすると、カモシカは、じぃっと立ち止まってみるので、その隙に少しづつ近寄れば、かなり近くまで寄れることがある。勿論全てがそうでなく、それぞれの個性があってのことだが、、、。

相手が藪の中にいるので、なかなか近寄れないがそれでも十㍍以内にまで近寄らせてくれた、ただ、逆光だったのが恨めしい。

Img_001400ma そのあと、降って大間の近くでまた一頭強は良く見られる日だ。今度は草地にいたので、やはり踊りながら近づいたが、障害物がないためか近寄らせない。大きな尻を振りながら逃げていった。

思わず青森県の大間の沖で取れる鮪が有名だが、静岡 大間の山のカモシカはどうなんだろうと、相手が野生の動物だけにいつも出るとはいえないが、名物に出来ないものかなんて、ふざけた言葉を考え付いた。

Img_0018 さらに降って”湯の島温泉”ここの風呂から見る向こう岸に山桜が一本、これが絵になる。銭湯の壁みたいな感じだったので二度目はカメラを持って入ったのが左の写真。男に生まれてよかったと感じた瞬間。

もしこれが、女湯だったら痴漢扱いにされ”逮捕され新聞種”って言うところだろうに一緒に入っていた見知らぬ人が「邪魔になります?」って逆に気を使ってくれる。    男はいいよなぁ

そこでの話し。昨日栃沢で花見の茶会があったと聞き、「栃沢って、枝垂れ桜の下でやったの?、で、桜の具合は?」   となると、我慢できなくて湯船から上がり、御飯もそこそこに栃沢に向かう。

|

« 桜が白く見えるのは | トップページ | 流れ落ちる枝垂れ桜 »

コメント

慶さん、
居たんですね、日本平動物園のホームページに書いてありました。見たことがなかったので、失礼しました。
確かに日本カモシカの足は太いですね、動きも機敏ではないし、天敵が人間以外居なかったためでしょうか。
その人間も、「四つ足は食べない」って言う日本人。
でもこれって、古来の日本人に良く似てないでしょうか。胴長短足、何にでも興味を持って動かない。
そして、保護のお陰で増えすぎた現在、カモシカも変革を求められているのでは、、、、、いまの若い人みたいに足が細くて長いの出てくるんではないでしょうか。

投稿: オラケタル | 2009年4月 8日 (水) 16時23分

確かあれは日本カモシカだったと思います。日本平動物園の爬虫類館に行くのに山道を登っていくと途中にカモシカがいましたよ。リフトでも上から見えます。でもむかしのことだから今も元気かはわかりませんが。日本カモシカって太いのねって思った覚えがありますよ。カモシカのような足ではなかったですよ~。

投稿: | 2009年4月 8日 (水) 15時53分

慶さん
日本カモシカは特別天然記念物で動物園でもなかなか飼えないそうです。
むかしは、長野県大町の山岳博物館でないといなかったし、御在所岳の日本カモシカセンターは廃業したし、後は何処にいるか知りません。日本平にも居るのでしょうか、長い間行ったことがありませんので、、
しかし、最近は保護が行き過ぎて数が増え食害の被害が大きく、問題になっているそうです。

投稿: オラケタル | 2009年4月 7日 (火) 22時22分

えええ~❣カモシカは日本平動物園でしか見たことがありません。大概そうだとは思うけど…。いるんだあ(゜o゜)温泉で桜見物もいいですね。♀の慶が女湯でカメラを構えてもやはり(ー_ー)でしょうかねえ。構えようがないかあ。落ち着いて外で撮りましょうかね。春休みも終わって少し世の中静かになったかな?今日は慶は手近に谷津山に登り(?)ましたよ。たった30分ほどの散策でしたが、いろんな発見がありました。カモシカにはほど遠いですけどね(*^^)v

投稿: | 2009年4月 7日 (火) 17時25分

千代にも居ましたか、私が一昨年見たのは足久保の奥、突先山の登り口以来だったのですが、親子と違って二頭続けてみたのは初めてです。増えたのですね。
カモシカ踊りは、ウエストンを案内した上条嘉門次のことを書いた本に載っていたのを読んで使っているのですが、昔からそんな性質があったようで、一時絶滅危惧種になるほど減ったのも鉄砲で撃ちやすかったのではないでしょうか。
昭和30年代でも密漁で獲られていたようで、山仲間ではカモシカの尻当てが一番のステータスだった時期があり、とても高くて買えなかった事を憶えています。

投稿: オラケタル | 2009年4月 7日 (火) 16時48分

カモシカって不思議な動物ですね。自分が天然記念物で
銃で撃たれないって知って居るのかな?千代みどりの森にも居ます。目撃情報を結構耳にします。私も二度ほど遇った事があります。猿に遇ったこともあります。
民家のすぐ近くなのに?

投稿: つるぼ | 2009年4月 7日 (火) 06時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/44585979

この記事へのトラックバック一覧です: 大間の山のカモシカは:

« 桜が白く見えるのは | トップページ | 流れ落ちる枝垂れ桜 »