« 竜岡五稜郭を見て | トップページ | 一枚のチラシで »

2009年4月23日 (木)

早春の女神湖 座禅草も咲いて

Img_0034 信濃の春はいまようやく菜の花盛り、浅間の山を遠望する。下は林檎の花。

Img_0036 昨日に続いての好天で畑の土は軽くなって耕しやすくなっていた。

おかげで、25kgのじゃが芋も順調に植え終わることが出来、午後三時には峠に向かって車を走らせることが出来、女神湖で一休み。

時間も宿に入るには少し早いと思ったので、久し振りに一周して見ることにした。

Img_0057 Img_0048 畑を出かけるときには、林檎の花もほころんでいたが、標高1,600m近くのこのあたりはまだ早春。花の数は少ないが、水芭蕉や、座禅草はいまが盛り、穏やかな水面に映しこんだ蓼科山とともに絵葉書のような風景が広がる。

五時近くになって、野焼きで真っ黒になった車山の裾を回って、車山リゾックスというホテルに入る。

.

Img_0070 暮れなずむ八ヶ岳を正面に見ながら食事をする。左に信州富士と言われる蓼科山、八ヶ岳の裾には日ごろ見慣れている富士山を遠望し、一番右には南アルプス甲斐駒ケ岳と続く展望は優雅な気分にさせるひと時である。

六時からの食事は我々だけ、このあと、外国人団体が入るのも知らず「こんなにたくさん作ってもったいない」と言いながらバイキング形式の料理をとり放題にお替りする。

食堂の支配人に一番展望の良い席をあてがわれ、あすの朝日の出る場所を聞くと、その説明した後、何かと話しかけてき、此方も載せられて話す。

しかし、ホテルの常だろうが食事には浴衣ですることが出来ない。そのたびに着替えるのも面倒だと食事までそのままの服装でいて、アルコールの入った食後に温泉入浴した後は何処にも行くことが出来ず。早々にお休みとなった。

|

« 竜岡五稜郭を見て | トップページ | 一枚のチラシで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/44808944

この記事へのトラックバック一覧です: 早春の女神湖 座禅草も咲いて:

« 竜岡五稜郭を見て | トップページ | 一枚のチラシで »