« ええじゃないか | トップページ | 化粧刷毛のように »

2009年6月17日 (水)

鳩の友愛

009 鳩のつがいが、人目も気にしないでいちゃついているのは、最近の若い衆と一緒か。

若いときにこんなことが出来なかった世代としては、うらやましさとはしたないと思う気持ちがないまぜにある。

大きいほうが雄らしいが、この雌の顔つき、目を瞑ってうっとりとした仕草は人間顔負け。

鳩もこんな表情をするとは知らなかった。

こういうのを”鳩の友愛”とでも言うのだろうか。

.

今日行われた麻生総理と鳩山民主党党首の討論で、母子手当てを削減したことを取り上げ、緊急性のない漫画館に予算をつけたことに対する意見がもっとも興味のあることだった。

鳩の本領発揮かと思うが、政権をとった後にも友愛を貫いてほしいものだ、、。

|

« ええじゃないか | トップページ | 化粧刷毛のように »

コメント

友愛、少し抽象的な言葉で口にすると揚げ足を取られること間違いないですね。
しかし、小泉改革で貧富の格差が大きく開いた社会では、少し先でよいから安心して過ごせる世の中を望むとき、こんな言葉になるのでしょうか。
ただ、政治家三代大金持ちの坊ちゃんが思っているのは、自分たちの思っている社会と同じかどうか、、、ですよね。

投稿: オラケタル | 2009年6月18日 (木) 21時46分

なんだか平和な感じですね。鳩が睦みあう写真って初めてですよ。でも偶然ですね。慶も仲良し鳩さんを見つけましたよ。表情は撮れなかったですけどね(^_-)-☆
「友愛」  はやり言葉になるかしら…。
 ちょっとむなしく感じますけどねえ。

投稿: | 2009年6月18日 (木) 10時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/45370952

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩の友愛:

« ええじゃないか | トップページ | 化粧刷毛のように »