« 脳死は人の死 | トップページ | 霧にかこつけて »

2009年7月14日 (火)

揚羽乱舞の麻機農道

070 梅雨も明けたようだと気象庁が言う。

高曇りながらその予報に異論はない。

まだ涼しいうちにと麻機の農道をまわってくる。元気なのは烏揚羽をはじめ蝶の仲間。春先のものに比べ体格も一段と大きくなったように見える。

006 揚羽、黒揚羽、長崎揚羽、そのなかで、烏揚羽が青光りをする羽を広げている姿が一番見栄えがする。

.写真左、黒揚羽、名前のとおり艶の無い黒一色の揚羽蝶

.写真下左、揚羽一番標準的なのか、またの名を並揚羽と言う。下右、長崎揚羽、もともとは九州など暖かいところの蝶だが近年北上し栃木あたりでも確認されたとか、、。

032 045

|

« 脳死は人の死 | トップページ | 霧にかこつけて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/45632051

この記事へのトラックバック一覧です: 揚羽乱舞の麻機農道:

« 脳死は人の死 | トップページ | 霧にかこつけて »