« うっすらぼんやりと日は昇る | トップページ | 蝶はどっち? »

2009年7月 6日 (月)

水玉とイトトンボ

013 午前中激しく降った雨も午後には細かくなり、近場の散歩ぐらいには出られると判断し、折りたたみ傘を持ってでかけた。

一時小止みと風のため、大粒の水滴が振り落とされたのを見て糸トンボも出て羽を休めていた。こんな細身では栄養をため置く場所も無いのだろう、雨さえ降らなければえさ探しに出かけなくてはならない。

水玉とトンボ。水玉には風景が写りこんでいたが細かくて分からない。トンボの名前もアオモンイトトンボか、クロイトトンボか、それとも別の種類か、これも分からない。

|

« うっすらぼんやりと日は昇る | トップページ | 蝶はどっち? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/45557749

この記事へのトラックバック一覧です: 水玉とイトトンボ:

« うっすらぼんやりと日は昇る | トップページ | 蝶はどっち? »