« そんなことどうでもいいじゃない | トップページ | 擬とは似て非なるもの »

2009年8月 5日 (水)

長雨のとばっちり

048kisuge 夕菅の花が涼しげに咲いている。

名前のとおり夕方に咲いて午前中には萎れるところから点けられた名前だが、そこが良かったのか歌の題材にも良く使われている。

もともとの名前は、色から言って”黄菅”と言うのだが、こちらのほうは”日光黄菅”が尾瀬で群生しているのが歌われてから有名になって、こちらにお株を取られてしまったと言うところか。

Img_0129 写真を比べても良く似ているがニッコウキスゲのほうがどうもしぶといと言う印象を自分は持っている。

同じような花なのに、花言葉は夕菅は「麗しき姿」日光黄菅は「日々新たにして」となるそうだ。そんなに印象が違うのかね。

.

今日は曇り空の下、気温も高くないので久しぶりに畑に行ってみた。

ここ二~三日天気もよく土も乾いたようなので、久々に手入れをと思ってのこと。行ってみて吃驚。もともと水はけの悪い土地であるが、畑全体に腐敗臭が漂っている。雨降り前に抜いたり刈り倒していた草が水にしばらく浸かっていて腐ったためらしいのだ。

さらに、抜いていなかった雑草は生い茂り、先日植えて、5㌢くらいまでに育っていた大根、蕪などは草の中に埋もれて消滅していたし、直径5㌢以上に育っていたおろし大根は抜いてみると先端が腐っている。

流通市場に野菜が入ってこないと言うが、どこもこんな具合なのだろう。さいわい自家消費なので腐った部分は切って捨てたら美味しく食べられたが、市場には出せないもの、、、。

とんだ長雨被害のとばっちりを受けてしまった。畑はトマトも終わり支柱はずしを行ったが、蒸し暑さで作業ははかどらず。

|

« そんなことどうでもいいじゃない | トップページ | 擬とは似て非なるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/45844336

この記事へのトラックバック一覧です: 長雨のとばっちり:

« そんなことどうでもいいじゃない | トップページ | 擬とは似て非なるもの »