« シードバンクで一眠り | トップページ | 返り咲き?狂い咲き? »

2009年8月30日 (日)

総選挙の開票に目を奪われて

012 菱の花が広い水面に浮かぶ菱の葉の中心に白くポツンポツンと咲かせている。

花の大きさは1cmには満たないと思うが、近くで見ると透けて見えそうな感じは如何にも清楚。

菱の実は、古くから食べれていて、水栗なんて如何にも食感を表すような名前を盛っていたり、歌では”水藻草”という優雅な名前を与えられてきた。

しかし、最近では食べられることさえ知らない人が多くなって、場所によっては水面を覆いつくすほど茂ってくると邪魔者扱いにされる。

菱は水面下に実を結び、その両側に鋭いとげを持つ形から、菱形という言葉が生まれてとのことであるが、三菱や武田菱とは関係ないようだ。

.

011 夏中飛び回って羽根がボロボロになった蝶蜻蛉、疲れ切ったのか傍によっても飛び立とうとしなかった)

総選挙の開票が始まって、各放送局は開票発表 0%の段階で早くも当確お墨付けを与えて、それにしたがって敗戦の辞を漏らす自民大物前議員もいた。

比例区も会って復活当選と言うこともあるだろうが、先日まで国会の中を肩で風切って歩いていた人が、尾羽打ち枯らして退場していくのはある種快感でもある。

とにかく、開票速報に目を奪われて、今夜は何時まで起きているのやら、、、。

|

« シードバンクで一眠り | トップページ | 返り咲き?狂い咲き? »

コメント

慶さん
公明党は票数が決まっているものですから、投票率が高くなると、得票率が少なくなるようですので、投票に行く人が少ないほうが良いそうです。
今回、地方区が全滅したのはこの投票率もありますが、やはり自民党と一緒にやったのが悪かったのでしょうね。自民党と組むと前の社会党もそうでしたがどうも良くないようです。

信州でもおやきの無いところがありましたか。木曽もそうでしょうか。あちらは五平餅なんでしょうね。
慶さんの書いている竹でくりぬいた丸い餅もそれと似ているのかな。
こんど、飯田のほうに行ったら、食べてみましょう。

投稿: オラケタル | 2009年8月31日 (月) 21時32分

選挙結果が8時からいきなり当確がたくさん出ていたのはびっくりしましたね。民主党への期待より自民公明への失望が大きかったのでしょうけれど、自民党は予測できましたが公明党は組織力で大丈夫かと思っていたのでびっくりしました。
菱の花。かわいらしい花ですね。菱餅を食べると言う話も聞くのですが、慶の育った所ではたぶん沼とか池とかがまるきりないところなのでだと思いますが、話にしか聞いたことがないんです。おやきもないです。丸い型(竹の輪型)でぬいたお米が3つ竹を割って太い串にしたのもにさして焼き、胡桃のタレをつけたものがあるぐらいかな?昔あった花菱百貨店のマークが、ひし形に中に花のような模様がありましたね。

投稿: | 2009年8月31日 (月) 14時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46073409

この記事へのトラックバック一覧です: 総選挙の開票に目を奪われて:

« シードバンクで一眠り | トップページ | 返り咲き?狂い咲き? »