« やみくもの梅雨明け? | トップページ | 長雨のとばっちり »

2009年8月 4日 (火)

そんなことどうでもいいじゃない

020 高齢者の自動車免許更新に際して、自動車学校で講習を受けよと言う通知が来たのでどんな具合なのか散歩がてら聞きに行った帰り、愛宕霊園の観音様がある丘を登ってみた。

ここも、地面にいくつもの孔が開いており、蝉が地上に這い出た様子がみえる。穴の調子では毎日たくさんの蝉が出ているようで、傍にある高いものに手当たりしだい這い上がって羽化して様子が見て取れた。

その中のひとつ、百合に這い登り、失敗したと思ったかどうは知らないが、行き場が無くなって花びらで間に合わせたようである。何とか無事にセーフと言った感じ。

ところで、この花、鉄砲百合か高砂百合なのかそれとも新鉄砲百合といわれるものか、聞くところによると、高砂百合は台湾が原産地であり、その生命力の強さから鉄砲百合を圧倒していると言われ、鉄砲百合との違いは花びらの外側が

に赤みがかった紫色がついており葉が細くて小さいとのことであるが、葉が小さいのかどうかは栄養の加減もあるので、分からない。

新鉄砲百合と言われるものは、鉄砲と高砂の交配種とか。するとこれは、、、

「そんなことどっちでもいいじゃない」とはキンチョールのコマーシャルでダンス教室の先生も腰を振りながら言っていたよな。

.

天手力男命(アマノタヂカラオノミコト)が天岩戸をこじ開けるように日本の空から梅雨空を引き剥がし、天照大神を大空によみがえらせ東北地方を除いて”梅雨明け宣言”が出された。

しかし、これは、日本が得意とする本音と建前のようなもので以後の天気予報はすっきりした夏空ではないと言う。そして、天気予報といえば、四月の段階で今年の梅雨は短いと宣言して大外れ外してしまったのだが、このことに関しては反省の弁を聞いたことが無い。

信用して当てが外れたり、迷惑を蒙った人も沢山いただろうが、自然のことと文句が出ないのか、大型のコンピューターなど巨額の投資を行ったにしてはなんだかお粗末に過ぎるような気がするが、「そんなことどうでもいいじゃない」とは言って欲しくない。

|

« やみくもの梅雨明け? | トップページ | 長雨のとばっちり »

コメント

星さん
久しぶりです。
高砂百合も繁殖しすぎるとそういう風になるものでしょうか。どんなものでもそういう制御がないと世界中弱肉強食の世の中になってしまいますものね。

天気予報も下駄と一緒にされては、まじめくさって説明する”気象予報士”も形無しですが、どの人も前の長期予報となぜ違ってしまったかの説明を聞いたことがありません。

投稿: オラケタル | 2009年8月 6日 (木) 05時33分

高砂百合も帰化植物の例にもれずあれよあれよと畑と言わず荒れ地と言わず増えますが(花後種がたくさんできて飛んでいきますから)数年たつと自滅するようです。あとはところどころに余命を保ち捲土重来を期しているようです。
天気予報の確率はテレビのなかったころ、天気がはっきりしない時、下駄で50%あたりましたけどねえ

投稿: 星 | 2009年8月 5日 (水) 10時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/45836488

この記事へのトラックバック一覧です: そんなことどうでもいいじゃない:

« やみくもの梅雨明け? | トップページ | 長雨のとばっちり »