« 人の心と秋の空 (山伏岳) | トップページ | 田村草は »

2009年9月17日 (木)

コナギは小粒でも

005 コナギ、漢字で書くといくつかあるようだが”子水葱”というのもある。

その訳として、昔(万葉のころ)は葉を食べていた節があり、水辺に育つ葱とでもいった感じらしい。ネギが変化してナギとなった。

写真を見て分かるように、水葵に良く似ている。実際その仲間らしく水葵のことを”ナギ”といい、それより小さいことから付けられた名前のようで、生えている場所は水田が多く、農家からは害草扱いをされている。

003 (写真左、水葵)

花の大きさは、全開しても1センチほど、ひとつの花が地面を這う茎からひとつづつポツンポツンと咲き、葉の影などに隠れてあまり目立たないが、可愛らしさは変わらない。

水葵が絶滅危惧種に入る中で、柄の小さいコナギは窒素肥料を吸収しすぎるので害草扱いとか、”山椒は小粒でもヒリリと辛い”見たいなところがあるか。

.

鳩山内閣が昨日発足した。各大臣(大臣と言う言葉は好きではないが、、)それぞれ満を侍しての登板だけに、自民党政権のときと違って官僚の原稿を読む人はいなかったとのことである。

今日早速各省でいろいろな指示や方針を打ち出している。国の出先機関廃止、天下りの禁止、生活保護の母子加算復活など、どれもその通りだと思うことばかり、しばらくは官僚が様子見をせざるを得ないのではないだろう。

|

« 人の心と秋の空 (山伏岳) | トップページ | 田村草は »

コメント

okeraさま
コナギ、気をつけてみればあちこちにあります。
この写真のコナギは正確には麻機沼ではありません。
唐瀬街道国道1号バイパスを南側からくぐって、側道の次の道路を右に折れ、電柱などの資材置き場の隣にある刈り取りが済んだ田んぼの縁に咲いていました。
道路から、覗き込むとチョウジタデや高三郎の間に咲いていますよ。

投稿: オラ ケタル | 2009年9月18日 (金) 15時10分

コナギ、可愛いですね。この花も麻機沼にあるんですか。麻機沼は水生植物の宝庫ですね。昔はミクリもあったようですが?

投稿: okera | 2009年9月18日 (金) 04時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46235366

この記事へのトラックバック一覧です: コナギは小粒でも:

« 人の心と秋の空 (山伏岳) | トップページ | 田村草は »