« 風に吹かれて | トップページ | たちどころに »

2009年9月29日 (火)

稲刈りすんで我が世の秋?

001 チョウジタデ、漢字で書くと丁字蓼とでもなるのかもしれない。

蓼の仲間で黄色い花は珍しい、と思っていたら、アカバナ科であり全然別の種類だとのこと、どうしてタデなどという名がついたのか。

多分、葉が似ているためだろうか。

稲刈りを済ませた田んぼの脇に、タカサブロウやイボクサなどとともにやっと我が世の春ならぬ秋が来たとばかりに日の光を浴びていた。

今日の花。左、イボクサ、疣がとれるというはなしだが、、、。右、タカサブロウ、高三郎とまるで人の名前のようだが、調べて見てもその理由は分からないとか、、、。何か面白い話でもとあればと期待したのに。

035 037

|

« 風に吹かれて | トップページ | たちどころに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46347218

この記事へのトラックバック一覧です: 稲刈りすんで我が世の秋?:

« 風に吹かれて | トップページ | たちどころに »