« おとましい | トップページ | 怒っているのかと »

2009年9月14日 (月)

もしも~し

013_2 「もしも~し 秋が来たんだって、、、」電話口に呼びかけているようにナミアゲハチョウがムクゲにつかまっている。

麻機の山道には揚羽蝶の仲間が目立って多くなった。冬越しの幼虫の卵を蜜柑の葉に産み落とそうとしているのだろうか。いずれも尾羽の一部を打ち枯らしてかなりお疲れ気味に見えなくも無い。

”死ぬということ知っているのは人間だけ”という説もあるそうだが、羽をボロボロにしてヨタヨタと飛んでいる蝶を見ると、彼らだって分かっているのではないかと思うことがある。

.

|

« おとましい | トップページ | 怒っているのかと »

コメント

慶さん
アゲハチョウは身体が大きいだけ、余計に目立つのでしょうね。家の庭にも何種類もの揚羽が入れ替わりに来ています。
今日も、ナミアゲハのでっかい芋虫が明日葉の葉を食い尽くす勢いで茎だけにしています。
あとは、一文字セセリが韮の花にと花の好みがあるようで蜜さえ出ればと言うものでもないようですね。
こうして見ていると、虫嫌いの人も自然に入っていけるのにと思いますんですが、、、。

投稿: オラ ケタル | 2009年9月19日 (土) 21時18分

慶も昨日はたくさんの蝶に出会いました。もう夏は終わり。早く命をつながなくてはと思うのか、そんなに羽ばたかなくてもと思うほど、花から花へ忙しく移動していました。特にアゲハ蝶は鳥が羽ばたいているかのように力強く羽を動かすんですね。そして、胴に毛がいっぱい生えていたり、触覚なども模様があったりして、ちょっとびっくりしています。

投稿: | 2009年9月19日 (土) 11時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46212017

この記事へのトラックバック一覧です: もしも~し:

« おとましい | トップページ | 怒っているのかと »