« 白髭草を見たくて | トップページ | おはぎがお嫁に行くときは »

2009年9月22日 (火)

房藤空木は

039 038_2 安倍川最上流、梅が島の川原にいま房藤空木(フサフジウツギ)が紫色の花を一杯に咲かせている。

遠目で見たときクガイソウに似ているがなんだろうと思った。そばによって見ると小さい紫の花を密集させた花の集団で、名前のとおり房になっている。

この花がこれほどまでに多くなったのはどんな理由があったのか。原産地は中国との話もあるが、南アルプスなどの谷あいにも結構咲いているとこから、昔からあるのでは?という説もあるそうだ。

いずれにしろ、いままで咲いていたのかどうかを含めて知らなかった花である。

|

« 白髭草を見たくて | トップページ | おはぎがお嫁に行くときは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46276764

この記事へのトラックバック一覧です: 房藤空木は:

« 白髭草を見たくて | トップページ | おはぎがお嫁に行くときは »