« 田村草は | トップページ | おだっくい »

2009年9月19日 (土)

近くば寄っては目にも見よ

009 桜蓼が淡いピンクの花を咲かせだした。

麻機の一角に群集があり、もう少しするとピンクの靄がかかったように咲き出す。何しろ花が五mmほどと小さいだけに、一つひとつではそんなに目立たないのだが、、。

近寄ってみれば名前のとおり桜に似た端正な花かたち、まさに、近くば寄っては目にも見よ」と言った風情である。

蓼の仲間はこのあたりでも数多くあるが、花として綺麗なのは桜蓼に尽きると思う。

.

今日から五連休の人が多いようで、朝の七時ころには東名が渋滞し始めたと報じている。そんなことを聞きながら観光地へ出かける気にもなれず、午後は畑仕事。

先日来のからから天気にもようやく区切りがついて、冬物野菜を植えるための畝作り。

石灰を撒き、耕運機で堆肥を混ぜ合わせるのは簡単なのだが、土寄せが機械では十分に出来ないため鍬で掻き揚げ均すのが一仕事。

久しぶりの仕事に腰が痛くなった。

|

« 田村草は | トップページ | おだっくい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46252089

この記事へのトラックバック一覧です: 近くば寄っては目にも見よ:

« 田村草は | トップページ | おだっくい »