« 深山樒の赤い実は | トップページ | 垣間見た大道芸 »

2009年10月30日 (金)

明鏡止水

076 雪化粧は山梨側のほうが低いところまで下がっている)

予想どうり雲ひとつない青空の下、富士から道を北にとって朝霧高原を目指して車を進めた。

036tanuki (田貫湖の水面に映る、、、)まずは、田貫湖。太陽の高さは富士山よりすこし高いだけの位置のため、逆光になって薄暗く靄をかぶった感じながら、湖面は風も無く波静か。

カルガモのギャ~ギャ~騒ぐ声だけが遠く近くで聞こえる。

山梨側に入ると紅葉は一気に赤くなり、道の両側、あちこちに錦織なすけしきがあらわれる。

050精進湖に影を落とす子抱き富士)

ついで、精進湖にまわり、ここでも湖面に移る逆さ富士とがうっすらと見える。もう少し太陽の位置がと思うが、それはこちらの欲というもの。

紅葉に釣られて登った紅葉台、ここは名前ほどのこともなし。もどって、西湖の裏にある根場の茅葺集落に寄って新蕎麦をたべたが、蕎麦の腰もさることながら、出汁加減が自分の好みに合って、美味しく平らげたことが今日の収穫のひとつ。

とにかく楽しい一日となった。

|

« 深山樒の赤い実は | トップページ | 垣間見た大道芸 »

コメント

慶さん
いま富士五湖の辺りが紅葉真っ盛りです。慶さんも出かけてみてはいかがです?
アスからの天気もよさそうですし、いつも静岡から見ている富士とまた趣が違って見えますよ。

投稿: オラケタル | 2009年11月 1日 (日) 21時42分

文句なく美しい富士ですね。
どこを回っても富士が見えるのは珍しいですね。
子抱富士は初めて見せていただきました。
fuji美しさにため息ですheart04

投稿: | 2009年11月 1日 (日) 14時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46625329

この記事へのトラックバック一覧です: 明鏡止水:

« 深山樒の赤い実は | トップページ | 垣間見た大道芸 »