« 星屑降るはずの空をみて | トップページ | 霜柱は冬の花 »

2009年10月23日 (金)

咲き初めて十月桜

003_2 千代田小学校の校庭に咲く桜。この時期にも咲くことから十月桜というそうだ。

秋に咲くのだから、秋桜とすればよかったと思うのだが、いいつの間にかこの字はコスモスに取られてしまい、いまから名乗るには商標登録されてしまって名乗るに名乗れない状態かと哀れになる。

009 花のほうも、葉のない枝先にポツンポツンと咲いているさまは、若葉をバックに咲いていた春よりも物寂しげで見返る人もわずかである。

この花の下じっと観察をしてみたいが、何せ校庭に怪しげなおじさんがカメラを持って佇んでいては、何時警察に通報されないでもない。

.

今日は暦の上で”霜降”だという。この時期に霜が降りるのは北の土地かよほど高い山でしか見られないことだと思うが、この言葉が出来たころは地球もかなり寒かったのかもしれない。

現に自分の体験だけでも、子供のころ十月の初雪を二度経験しているので、霜も降りていたことと思う。

霜が降りたあと、寒い冬がやってくるのだが、この時期になると山葡萄の味が美味くなり、なめこが生えてくるなど山の幸や大根や白菜などの野菜に甘味が増すなど悪いことばかりではない。

最近では、霜降りなんていうと、肉の中に点々と脂肪が散らばっていて、舌触りが滑らかなもののことを言う。たしかに霜降り肉は美味い、しかし、メタボの我々にとってこんな危ないものはまたないだろう。

|

« 星屑降るはずの空をみて | トップページ | 霜柱は冬の花 »

コメント

okeraさま
浅黄斑が一杯くるそうですね。先日テレビでも放送していました。そして、それを写しに人もたくさん来るようで、、、。
それにしても、あの蝶はあの手の花が好きなようで、山では四葉ヒヨドリに群がっていました。
これから、海を渡って沖縄から先に行くそうですが、そのエネルギー、大した者で、おもわずガンバレー  と

投稿: オラケタル | 2009年10月24日 (土) 15時44分

慶さん
いますね人なつっこい子供が、しかし長話をしているとじろじろ見ていく人が多くて、嫌な世の中になりました。
千代田小学校の十月桜慶さんの通勤道路になりますか?
千代田小学校のの北街道交差点から北に上る道路脇なのですが、、、ポツンポツンですから見落とすかもしれません。

投稿: オラケタル | 2009年10月24日 (土) 15時37分

十月桜は身延山では紅葉と一緒に見られます。
アサギマダラが吐月峰の先のさくら茶房の駐車場のフジバカマの所に一杯きています。一寸した見ものです。
50匹位居るかな?

投稿: okera | 2009年10月24日 (土) 06時58分

カメラを持って庭先とか校庭とか公園も、気を使いますね。公園で、変な格好で写真を撮っていると小学生の男の子が「何してんの?」とか聞きながら「ねえ、知ってる?変な人に話しかけちゃいけないんだよ」なんて無邪気に言ってくるんですよ。いけませんよ、変な人と話をしちゃあねえ。
それにしても十月桜も常盤合歓の木も、きれいですね。きれいなピンクが印象的です。

投稿: | 2009年10月23日 (金) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46561462

この記事へのトラックバック一覧です: 咲き初めて十月桜:

« 星屑降るはずの空をみて | トップページ | 霜柱は冬の花 »