« 十六夜の月ものっぺりと | トップページ | 二匹目を狙って »

2009年12月 5日 (土)

お粥のご相伴

Img_0011 Img_0010 山の紅葉もいよいよ平地に下りてきてあちこちの庭や垣根に見かけることが多くなった。

今年は、南京櫨などの色づきはよくないようだが、これも気候に関係しているのかもしれない。

写真の蔦は、誰も操作したわけではないが、見ようによっては”大”と言う字に見えなくも無い。

,

今日は、一日主夫業、雨のため洗濯こそしていないが三食の支度に、うろうろとする。

薬をもらいに、そのあと、マーケットに行って目に付いたものを買ってから献立を考えると言うやり方は衝動買い以外のなんでもない。

ただ、食べるのは自分だけ、、、連れ合いのは、自慢のお粥。米にたっぷりの水と出汁と塩を少し入れ、とろ火でじっくりと炊く。柔らかくなるまでなんども湯を継ぎ足し、、、。出来は上々だったが、大量に作ってしまい残すのもどうかと思い、ご相伴を、、、。

しかし、粥腹は腹持ちが悪く、ひさしぶりの夜食はインスタントラーメン。

|

« 十六夜の月ものっぺりと | トップページ | 二匹目を狙って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/90605/46943982

この記事へのトラックバック一覧です: お粥のご相伴:

« 十六夜の月ものっぺりと | トップページ | 二匹目を狙って »